全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

こんにちは

数年前よりすっかりヒューマン系かコメディ系の映画しか観られなくしまいました。

昔はアクションやサスペンスも好きでしたが、今では観ていると気持ちが悪くなるという・・・

食と同じように視界に入れる映像も、体質が変わると受け入れられるものが変わっていくのかも?

さて、今回観たのはこちら。

gifted/ギフテッド [AmazonDVDコレクション]
クリス・エヴァンス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-10-17


主演のクリス・エヴァンスがかっこいいので目の保養になるのはもちろん。

子役の女の子が自然体でとてもキュート。

飼い猫役のフレッドも彼女にとても懐いている感じで、演技には見えなかった。

ストーリーは天才児の彼女をどうやって育てていくくか、周りを取り巻く大人たちの思惑に翻弄されて・・・

という流れ。

叔父役であるクリスは「バカになっても普通に育てばみんなが喜ぶ」と、地元の小学校に通わせます。

超天才児でも7歳の女の子が望むのは、自分を愛おしんでくれる叔父や近所のおばちゃんとずっと一緒にいること。

世界を変えるほどの数学の才能を持つと言われる彼女に、選ばれし者として普通の生活を諦めさせるのがベストなのか?

ベストだとすれば、それは誰のためなのか?

関わる大人それぞれの、これが正しいという思い込みに、いくら天才児でも7歳では立ち向かえず。

ストーリーはゆっくりと進みます。

彼女の生き末が決まるまでの間も、彼女と叔父の仲睦まじい家族として生きる様子に心がホッコリしました。

観ている観客側のこちらも、そんな様子に何が彼女にとっても幸せなのかわからなくなってきちゃいました。

将来名声を得ることや前人未到の偉業をなすため、才能を伸ばす特別な環境を与え、普通の子供が経験することをさせないことが長い目で見て幸せなんだろうか。

愛情をたっぷりかけて育ててくれる家族と共に普通に成長したほうが幸せなんだろうか。

きっとその答えは本人にさえわからないのでしょう。

もし自分に子供がいて、自分の理解を超える超天才児だとしたらその子ために何を選択する?

そんな視点で私は後半のストーリーを追っていきました。

私なら、何かを得るために何かを諦めさせるような想いをさせたくない。

未来はわからないけど、今望むことを心から楽しんでやり続けられる環境を子供のために作ってあげたいなぁ。

もし偉業を成す運命にある子なら、心からその子がワクワクをするほうを選択し続けたら、どうにかしようとコントロールするよりずっと早く到達する気がするから。

どの道を選ぼうと才能がなくなるなんてことはない。

発揮できない時があるなら、そういう時間が必要な間なんだと思います。

天才児だろうと普通児だろうと、要は子供を信頼し続けられるか。

問われるのは大人の恐怖心の克服なのかも。

こうしたらこうなるに違いないという思い込みや恐怖で、まだ来ない子供の将来がわかるわけないですもの。


ストーリーの結末は観てのお楽しみ。

そう、彼女の幸せは彼女が決めればいいんだよ。

何が幸せかは、自分が決めるのがベスト。

そんな想いを改めて強く確信できた映画でした。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

あなたのクリック応援でランキングUPよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんばんは

3月に入ったら雨が多くなってきましたね。

先日ユニクロで買ったブロックテックモッズコートのおかげで、濡れても水をはじくから雨が気にならず。

いいですね~、ブロックテック。

年中重宝しそうです


さて、使っていたデリケートゾーン用のソープがなくなりました。

リピ買いするか、別のにするか・・・

正直、ボディソープとは別に敢えて専用ソープを使うべきものなのかよく理解しておらず。

使ったほうがいいというようなネット上での記事を目にするようになり、使いはじめたのでした。

お値段もボディソープよりはお高い分、気分的にきちんとケアしてる気になれますしね(笑)

初めて買ったのはこちら。
[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

インティマD 500mL(500mL*1本)
価格:1949円(税込、送料別) (2019/3/6時点)


使い心地は普通にソープ。

香りは自然でほのか、で悪くない。

泡タイプに惹かれ次に買ってみたのがこちら。


コスメキッチンでも販売されているこちらは、泡タイプなので泡立てるのが面倒なズボラにはもってこいでした。

ローズを使っておりましたが、香りはけっこうきつめ。

好みが分かれるかもしれません。

そして今使っているのはこちら。


香りほのかで3つの中では使い心地が一番優しい感じがします。

楽天で他の商品を調べても固形ソープもあるし、実に色んなメーカーから発売されていて選ぶのが大変。

私の場合ボディソープですらこれがベストだ、というのはない。

それほど肌トラブルがない健康体なんで、身体に優しそうならなんでもいいかというのが実情です。

これからもあれこれ使ってみるでしょう。

当座、ボディソープとは別にデリケートゾーンソープも使っていくことにしますわ。

女性のみなさまはいかがでしょうか。

そう言えばあんまり近しい友人とはこういった話をしないなぁ。。。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

あなたのクリック応援でランキングUPよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



こんばんは

全捨離提唱者の櫻庭大王のYouTubeチャンネルができてました。

全捨離編は2つあります





過去にPodcastで配信されたものですが、YouTubeのほうが気軽に聴きやすいですね。

あのマシンガントークがおもしろく、またリバウンドしないよう、私は全捨離の回を時折り聞き返しています。

こんまりさんのときめく片づけが「ゆるふわ系」で女子的な感じだとすると、

大王の全捨離は「体育会系」で男性的。

その分とっても目的が明確なので、モノを捨てないと・・・と思いつつできないかたにはまず大王の話を聴いてみてほしいなぁ。

なんのためにモノを減らし、どこに向かって生きていくのか。

これが自分の中で明確になれば、誰でも片づけへのスイッチは入るはず。

そのスイッチを入れるため、強烈なパンチをこれでもかとマシンガントークで浴びせてくるのが大王のトーク。

人生を本気で変えたいなら、ときめいてる場合じゃない

と言われたときは、それまで こんまり流 でゆるく片づけていた私は目が覚めた。

なんとなく断捨離していたのを、本気で人生変えるために全捨離してみようと。

明確な基準な元でやらないと、なんとなくではどこまでやったらいいかよくわからないんですよねぇ。

ゴールが見えない感じ。

全捨離の基準は基本、「1ケ月以上使わないモノは全部処分」と、とっても明確なので、到達点がわかりやすい。

あとは床面積を拡げる、磨く。

シンプルな基準でゴールまで進めるというのは、気が楽でした。

すっかりモノが減ってからは本当に気に入るモノに入れ替えはしますが、もう増えることはありません。

まだ減らせる余地は少しあり。

生活習慣が変われば使うモノが変わるから、習慣そのものを見直せば使わなくなるモノが出てくるでしょう。

自分 対 モノ の関係の軸は全捨離のおかげで定まったと思います。

あとは習慣を見直し、細かいところを練り上げていきたいな。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます


あなたのクリック応援でランキングUPよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

↑このページのトップヘ