全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

こんにちは

長年、髪にもコンプレックスが多い私は、ドライヤー選びが難儀でした。

ダイソンのスタイリッシュなあのドライヤーが登場した時、デザインに一目惚れ。

買おうか悩んだのですが、大事なことを忘れてましたわ。

片手にブラシ、もう片手にドライヤーで髪をセットするなんて器用なこと、できないんだった・・・

これ買ったら乾かすだけしか使えない。

付属でブラシやらがついていても、付け替えが面倒。

そのブラシも種類が多いと、いちいちつけたり外したり、使い分けるとか、面倒です。

置く場所にも困る。

自分の性分を考えれば、1つで全部の機能がついてるものじゃないと・・・

なので、ずっとカールドライヤーを使ってきました。

それもブラシが1つしかないやつね。

外すか、つけるかだけすればいいんで。

このタイプもそう種類が多くないから、無難にいつもパナソニックのを選んでた。

それがある日、雑誌で見かけたんです。

「ドライヤー」と「ストレートブラシアイロン」と「カールブラシアイロン」の3機能が1つになったドライヤーってのを。

まさに私が求めていたタイプ。

IMG_0714できたら店頭で実物を確認してから買いたかった。

けどなさそうだったから、思い切って買いました。

ブラシも一体型でどうやってドライヤーになるんだ?と思いきや、スイッチ入れたらけっこう大きな音でびっくり。

でも音の割に風はそう強く出てこない・・・

こんなんで乾くかな?と思いつつ、頭の下から上にブラシをあてていくと、、、

乾くのが早い。

頭皮を乾かしたらそのまま髪をセットするようにブラシを全体に入れると、これまた乾くのが早い。

なんかきつねにつままれたような感じ。

これまでのドライヤーは風が噴き出て、髪も乾くが洗面の空間も熱風で暑くなった。

夏はこれが嫌でねぇ。

それがこのドライヤーは熱風は広がって強く出てこないのに、髪はよく乾く。

おかげで風呂上りに髪を乾かすのが億劫でなくなったわ。

届いてから1週間以上、熱風が広がらないのになぜか乾く不思議な感覚が面白い。

私は現在ショートボブで、髪質は固い、太い、多い、うねる。

夜の洗髪後は乾かすだけでなく、セットまでしないとうねります。

その分、朝は寝ぐせ直しに軽くアイロンをあてればすぐ終わる。

これまではアイロンを別に用意して使うのは面倒で、朝もカールドライヤーで髪をとかしセットしてたんです。

このドライヤーならアイロンもあるから朝もセットしやすくなりました。

アイロン機能だと音はでないし、そんなに熱くならないから、本当にセットできてるのか・・・

でもスイッチ入れて髪をとかすと綺麗にしあがってて、これまた不思議。

商品紹介に掲載されていたように、髪はふんわり&しっとりまとまるかな。

IMG_0716これまでのドライヤーと比べ、一回り小さくなったのもいいね。

でも重さはそう変わらない。

ディーアイスタイラーが338g

パナソニックが377g



IMG_0727収納はMUJIのファイルボックスに入れて洗面下に。

手持ちのヘアケア用品をついでに並べてみました。

このドライヤーでしっとりまとまるようになったから、スプレーはなくせるかな。。。

コンプレックスが多いから、ついつい膨張しやすいこの髪を、ヘアケア用品でなんとかしようとしてしまう。

アイロンをあてると少し抑えられるのがわかったんで、これからヘアケア用品を見直しま~す。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから



こんにちは

先日メッセージをいただいておりましたのに、気がついたのが遅く申し訳ありません。

誕生日のお祝いをありがとうございます。

この場を借りて、お礼申し上げます。

Kさん、ありがとうございます。

全捨離にご興味おありと書かれていらっしゃったので、ぜひご自身のペースで実践いただきたいです。

私の場合、シフト勤務で毎週連休があるわけではなく、2日出勤して休み、3日出勤して休みというパターンが多い。

休みが1日だと、ゆっくり休養もしたい。

なので、今日はこのタンスだけ、と部分的に捨離って、続きはまた次の休みに。

と、ゆっくりなペースで進めました。

自分が捨離やすい箇所から始め、まずは捨離ることに慣れると、あとは時間を見て捨離る箇所を増やすペースも上がっていきました。

1ヶ月以内に使ってないものを処分、と基準は明確なんで、あとは一気にやっても、少しずつやっても、ゴールは同じですしね。

とにかく最後までやり抜くことは決めてからやったので、途中に迷いは生じなかった。

それまでの人生に大きな不満はなかったけれど、さらに人生楽しく過ごしたい。

櫻庭大王の言う「想定外の未来」ってのに出会いたくって。

でも自分の天命や使命、まだそういったはよくわかりません。

今のところ実感しているのは、

・心の中の爽快感が毎日持続

・心がスッキリすると体もスッキリさせたくて運動したくなりジムに通い、さらに健康になっている

・自分の望みに耳をしっかり傾けるようになった

と、自分を大事に労われるようになりました。

自分のことに集中できると、周囲は気にならなくなりますね。

ネガティブなニュースを聞いても、まぁそれはそれで、と引きずられない。

モノを捨離ると、常にスッキリした室内が視野に入るため、モノがたくさんあった時の様々な色や形など、視野に入る雑音が遮断される。

そうなると、他に情報も人も、同じようにスッキリさせたくなるんですね。

たまに誰かの家に遊びに行き、モノが多い空間を見ると、クラクラしてくる・・・

見る人によっては殺風景な自分の家が、私には一番落ち着いてリラックスできます。

こんな感じで、私の実感する全捨離の効果は、自分を大事にすることを実践できるようになったことでした。

自分を大事にする、とは言葉はわかっていただけど、具体的になんなのか腑に落ちてなかったのです。

それがようやくわかってきた。

自分を満たす、自分を愛する。

この意味や方法がわかりつつある今、日々自分を愛し、さらに次に何が見えてくるのか。

それがとても楽しみです。

Kさんもぜひ、人生の次の扉を開ける鍵を、全捨離で手に入れてください

なにか私でできることがあれば、喜んでお手伝いさせていただきます。

櫻庭大王のyou tubeでもモチベーションアップ上げられますよ~



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから





こんにちは

IMG_0725話題になっていたMUJIの「コオロギせんべい」が店頭で販売開始になりました。

ちょうど毎月交換する靴下を買いに出かけたので、ついでに買ってみたよ。

おひとり様3個までの張り紙があったけど、そんなに人気??

まぁコオロギは原型じゃなく、パウダーになったのをせんべいにしてるから、見た目はただのせんべい。

封を開けても匂いはしない。

食べても塩っぽい、ただのせんべいだ。

言われてみればエビせんっぽいかな・・・

甲殻類と類似した成分が含まれると、と記載があります。

どの程度コオロギパウダーが入っているかわからないけど、いかようにも味付けできそうな感じ。

ビールのつまみには、これにソースやマヨネーズをつけてもいいかもね。

ただ、せんべいとして美味しいかと問われると、、、

う~ん、どうでしょう。

まだ改良の余地あり、と思います。

せんべいだから米粉と混ぜたほうが、軽く仕上がって良かったのでは?

それともジャガイモとじゃないとせんべいみたく焼けないのか?


昆虫のプロテイン量は多く、食糧にした場合、肉や魚よりプロテインが豊富に摂れると聞いたことがある。

IMG_0726でもこのせんべいは、それほどプロテイン入ってないのよね。

私の大好きな亀田の「通のえだ豆」と比較すると、100g当たり換算で

「コオロギせんべい」が9g

「通のえだ豆」が13.7g

おそらく今回せんべいとして商品化するのに、一般受けする味と食感にするのにコオロギパウダーの量を少なめにしたんでしょうか。

まずは市場に受け入れられないと、次を出せないですものね。

ものすごい美味しいせんべい、ってわけでもないけど、これから改良されれば味は良くなりそうですが・・・

食糧難が心配される未来に向けての取り組みとして、がんばってほしいな。

昆虫なんて気持ち悪いというかたも多いでしょうが、これは匂いもない、ただの塩せんべいなんでぜひお試しあれ。

黙って出されたら、コオロギが入ってるなんて絶対に気がつかないよ。

その挑戦が、未来の食を救うかもしれません。

私も原型さえなければ、昆虫食に大いに興味あります。

でもロゴに原型のイラスト入れるのはやめてほしいかも。

なんかGっぽいじゃん。

もっとデフォルメしてかわいくキャラ化してくれ~



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから

↑このページのトップヘ