こんにちは

前回は、美顔器の軽量化についてお話させていただきました。

今回は、水切りかごの軽量化をご紹介させていただます。

そもそもキッチンで水切りかごを使うか否か、ここはミニマリストの間でも意見が大きく分かれるとこかもしれません。

ミニマムにするならかごは要らない派、の方々も多くいらっしゃると思います。

私の場合、ミニマム化することが目的じゃありません。

目的はさらなる開運、手段が全捨離。

なので、目指すのはあくまで運気UP

いくらモノの数が少ないほうがベストだとしても、その結果日々の生活の中でストレスや我慢を感じ続けるなら、そのほうが運気を下げてしまう。

自分を常に上機嫌に保つには、自分の生活に合ったミニマム化がなによりも大切と考えます。

そんなわけで、私の場合は水切りかごが必要です。

なぜなら食器を洗ってすぐに拭いて片づける時ばかりではないから。

基本はズボラですから、洗ってすぐに拭いて片づければいいのはわかっていても、お出かけ前の急いでいる時なんかは洗うだけでいっぱいいっぱい。

とりあえず、洗っただけで良しとしよう。

となると、帰宅するまでかごに入れっぱなし。

入れておくスペースがないと、入れっぱなしができないからかごが必要なんですね。

そのかごは、これまでダイソーの小さいシンプルなものをずっと使ってきました。

たまにカップの茶渋取りに漂白剤に漬け込む用にも使え便利でした。

デザインと大きさはこれがベストなので、次もこれにしようかと思ったのですが、これしか使ってこなかったからちょっと変えてみようかな。

という気持ちになり、ネットであれこれ検索することに。

野田琺瑯のデザインが素敵で、かなり心惹かれます。

が、琺瑯だから重そうよね。

軽いの礼賛派としては、重みに耐えられそうもありません

でもデザインが好み、これいいなぁ。

しばし悶々としましたが、これまでのデザインと似たようなものではなく作業台を兼ねるタイプにしたかったことを思い出し、選び直しました。

IMG_0254 (1)水切りかごではなく、キッチンのフチに引っかけて使うラックタイプのを。
(写真左がこれまで使ってきたダイソーの、右が今回購入したラックです)

頑丈そうなプラスチックですが軽いですよ。

また、使い終わったら縦にして収納しやすい。

我が家のキッチンは横幅1m50㎝で作業スペースが狭いため、かさばる食材購入後、下準備をするのが少々面倒で・・・・

でもこのラックを洗い場に引っかければ、この上を一時的な食材置き場にできちゃう。

これまでと違いこうして作業場兼水切りかごにしたら、またちょっとしたストレスから解放された~。

これで更なる上機嫌の向上にもつなげられた気がします。


自分への自己投資。

それは自分が上機嫌でい続けられるよう、環境を整えるための必要経費なんだと実感。

でもね、衝動買いしたときのような一瞬の高揚感だとあとで罪悪感抱いちゃうから嫌なんです。

あくまで継続的な上機嫌のための投資を今後も続ける予定。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

あなたのクリック応援でランキングUPよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ