こんにちは

今回は台湾2日目の様子をお届けさせていただきます。

実はこの旅の目的はこの2日目にありました。

若いころと違い、買い物や繁華街を散策することに興味が薄れ、それより自然の美しい場所をゆったりと歩き、その空気を存分に楽しみたい。

街行く人を眺め観察しながらお茶や食事をするのと、自然を楽しむと半々くらいがちょうど良い。

観光に望むのはそんな感じ。

とは言え郊外を散策するにも足がないから、ツアーに申し込みました。

VELTRA」は世界中でツアーを開催しメニューが豊富そうなので、このサイトから台湾らしい景色を見られそうな

【2月~6月限定】緑の絶景「老梅石槽」+仇分+十分(天燈上げ)+野柳女王頭 季節限定スペシャルツアー

をチョイス。

バスツアーなのかと思いきや乗用車で日本語の話せる女性ドライバーさん、私、もう一人の女性の参加者の3人だけ。

こじんまりとアットホームな雰囲気でリラックスして楽しめたよ。

1559723198まずは「老梅石槽」

写真では緑がコケに見えましたが、近づくとワカメに見える

浜辺のごく一部に石が連なり、その石をワカメが覆ってるのを遠目に見ると観光パンフにあるような景勝に・・・?

長い年月をかけて形成されたというなんとも不思議な景観でした。

眼前に広がる東シナ海も肉眼で見るのは初めて。

これが台湾の海なのかぁ、と強烈な海風によろけながら悦に浸れたひととき。






1559723394お次は「野柳女王頭」

海辺に広がるジオパークの中にある1つが、女王の頭のように見えると。

インスタ映えブームで近くで写真を撮るのに行列でした。

ガイドさん曰く、海風の影響でいずれ石の形が変わっていくだろうからクイーンズヘッドブームもやがて終わるだろうとのこと。

クイーンズヘッド以外に写真のようなキノコが生えてきたかのような石がたくさんあります。

私はこの景色のほうが面白く好き。

もう少し人が少なくゆっくり歩けたら最高だったなぁ。

ジオパークだけあって広いから、まったりするのに良いところ。

敷地内におしゃれなカフェがありました。

1559723592次は千と千尋の神隠しの舞台として有名な「仇分」

あの建物(あめおちゃ という名の茶屋)の周辺は屋台や土産もの屋さんが並び、観光客でごった返してました。

ガイドさんが、あめおちゃで台湾のお茶の淹れ方を教えてくれるけど高いよ、どうする?と。

せっかくだからお茶体験してきました~

日本円で1,000円くらい。

しきりに「ぼったくり茶屋ねぇ」とガイドさんが言うのに大笑い。

ぼったくられてもこの景色が見下ろせるなら、お茶代ではなく場所代として良心価格でしょう。

肝心のお茶はすごくおいしいという風でもなく、まぁ普通

IMG_0134お菓子が好きな人にはたくさん出てきたからおやつになるね。
(もちろん甘くて私は食べられない)









IMG_0142最後は十分で天燈上げ

かなり大きい天燈の4面にそれぞれ願い事を筆で書き、書き終えたら火をつけて上げる。

上げるのいいけど火が付いたまま落ちたらどうするん?火事にならない?

と思うよね。

このエリアは谷、通年かなり湿度が高い場所で建物がすぐカビるほど。

だから天燈が落ちるまでの間に火が消えちゃうそうです。

ガイドさん曰く、1,700年前ごろの大昔に盗賊に襲われたときの無事を知らせるために天燈を上げたのが、現代では幸せを願う天燈上げに変わった。

ガイドさんがいたからこうして細かい話を聞きながらあちこち巡れました。

道中は日常のこと、政治や経済の話もたくさん聞かせてくれ楽しかったぁ。

IMG_0151一緒に参加した女性のMさんが同世代というのもあり馬が合い、仲良くなれ、ツアー最後に降ろしてもらった夜市は2人で食べ歩きできたし。

現地の人と話したいという望みも叶ったわ。

Mさんは旅慣れてらして、他の国でもいつも「VELTRA」でツアーに参加するそう。

海外のみならず日本でもツアーがあるから、私もまた旅行するときは「VELTRA」を活用しよう。


こうして2日目も充実し、出発前に密かに祈っていた「素敵な出会い」も叶い、またひとつ思い出が増えました。

3日目の思い出はまた次回に~


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ