こんにちは

うちにはテレビがないため世間の流行に、まったく乗れておらず。

先月PARCOでローランド展が開催されたそのポスターを見て 誰? と思いました。

入場料が映画館と同じくらいで高いわぁ。

この料金取るなんてよほどの人なのねと思い、会社の同僚に聞いてようやくローランド様を知るという・・・

その後you tubeでおすすめ動画が表示され、ローランド様のご自宅映像を見たら。。。


究極のミニマリストですね。

人前に出るお仕事だと嫌でもある程度服を持たないといけない、になりそうなのにアイテム別に1着のみ。

お持ちのものは厳選された最高級のみと思いきや、MUJIもお好きだそうで。

服を選ぶ時間が無駄すぎる、とスティーブ・ジョブズと同じような発想です。

ただ、ジョブスさんは人前に出て華やかに振る舞うのが本業ではない。

だから黒い長Tシャツとジーンズでも納得ですが、ローランド様は人前に出るのが仕事。

それでいつも決まった1着を毎日、ってすごい。

それがとびきり上等だったとしても、毎日同じ服着続けられる?

私に仮に同じ財力があっても、もう少しバリエーションはほしいかな。


映像から感じられるのは、ミニマムにするのが目的でこういうライフスタイルを選択しているのではなく、やりたいことがたくさんありそれを実現していくための時間を確保したい。

実現させるためのアイデアを練るため、リラックスできる最高の空間を作っているんだなとわかりました。

携帯は人の人生をジャンクフードみたいにして生産性がない。

開けばニュースやらメールやらが届き、それを見てるだけで時間が過ぎる。

だから気が付いたことはスマホのメモではなく、ボールペンと紙のメモに残す。


と仰せでしたから、お金を持って高級なモノに囲まれ満足みたいな人生じゃないのですね。

職業がホスト、と聞くと先入観で浮ついた印象を持ってました。

が、それを足掛かりに何か色んなことをこの先成し遂げていかれそうな人だなぁ。

お高い料金で展覧会が開催されるのも納得。

考え方にとても共感します。

映像にあったアイテム別に各1個ずつという考え方と、すっきりとスタイリッシュな収納にも憧れるわ。

停電になり真っ暗になっても、モノの位置がわかるくらいモノの住所が決まってるそうな。

そうか、それだよ。

それ聞いたら、次に目指したいものが見えてきたよ。

停電になり真っ暗になっても、すべてのモノの位置がわかるくらいにしておく。

ミニマムかつ究極の災害対策ね。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ