こんにちは

今年もどんどん開運をしたいので、kindle Unlimitedのラインナップからそれ系の本を読み漁っております。

最近読んだ中では、こちらがヒットでした。



まずタイトルに惹かれます。

開運せよ、って言われたら はい!します。もっとしたいです。って即答だわ。

著者によって開運の考え方もそれぞれですが、私はこのカードを持ってるだけで、、、とか、

このパワーストーンを身につければ、、、的なやつは好きではありません。

なんか本質ではない気がする。

開運とは、愛の表現であり、愛そのものである。

この本の著者さんは、そう言っておられます。

愛の表現かぁ。

いいですね

なぜ愛の表現なのか、それはなにごとも

自分にも他人にも、幸せで、明るく、軽く、健やかで気分がいい方を選ぶ」から。

とりあえず、ご自身の好き嫌い、こだわり、みたいなところは一旦手放してみてください。

なぜなら好き嫌いのような感覚は、きっかけがあればあっという間に変化してしまうという、移ろいやすい性質があるからです。

好き嫌いを全て否定しているのではありません。

大いに結構です。

しかし、「自分にも他人にも、幸せで、明るく、軽く、健やかで気分がいい方」と、「いつコロリとひっくり返るかわからない、自分一人のその時その場の好き嫌い」を天秤にかけるなら、開運術では前者に軍配を上げますよ、というお話です。


こんまりさんの「ときめき」を基準にモノを厳選する、を知ったときも大きな衝撃でしたが、今回はそれ以上でした。

自分にも、他人にも、という視点はすべてには持っていなかったから。

他人が絡む場合に配慮はしても、自分だけのことになるとねぇ。。。


ご興味ある方は具体的な実践方法をぜひ読んで確認ください。

私も実践方法を参考に、全てにおいて自分にも、他人にも、の視点を忘れないよう生活を見直します。

開運は愛そのものならば、みんなで愛を全開にし、どんどん開運してまいりましょう



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから