こんにちは

私にとって新刊も読める返却不要の図書館、それがAmazonのKindle Unlimited。

幼少時に親からのお小遣いはなく、お金がなかかったため学校と近所の図書館通いをしていました。

通える範囲は規模が小さく、あまり読みたい本がない。

そこにある中で、まぁ読んでもいいかと思える本しか読めなかった。

それが今や月額980円でこんなに読めるなんて~

もう、私にはなくてならないサブスクです。

さて、今回そんなKindle Unlimitedのラインナップからご紹介したいのはこちら。

斎藤一人 龍が味方する生き方
舛岡はなゑ
マキノ出版
2020-03-08


斎藤一人さんの本は読みやすく、元気が出るから好き。

講演オーディオも昔からよく聞いています。

そんな一人さんが龍のお話をしてくれていて、これがまたすごくわかりやすい。

私は霊感があるタイプではないけれど、龍には小さい時から惹かれいます。



龍と言えば、私にとって子供時代にはまった映画「ネバーエンディングストーリー」のイメージ。

あの映画を観た子供は、きっと誰もがあんな風に龍に乗って、あちこち旅したいと思ったでしょう。

物語のあらすじはサッパリ忘れたけど、あの龍はずっと覚えてる。

それなのに乗りたいと思いながら、乗り方は知らない。。。

この本では、龍神様にどうやったら愛されるか詳しく教えてくれています。

立ち居振る舞い、身なり、言葉遣い。

そういうのがきれいな人が、龍神様に好かれるの。

人に心配を与えるんじゃなくて、人を安心させてあげられるような、優しいきれいな生きかたをすること。


逆に、

常識を振りかざして人の自由を奪う人は、龍神様に嫌われます。


龍神様にかわいがられた人は、想像もつかないほどのツキに恵まれるんだ。

とあれば、ぜひとも龍神様にかわいがられたいので、ここに書かれていることに気をつけて日常を送ろう。

龍の力を得る秘術として「八大龍王の九字切り」という方法が具体的に紹介されてました。

そんなに難しい作法ではなかったから、日々の浄化のため早速やり始めています。

ご興味ある方は、ぜひ本書をお読みくださいね。


あぁ、憧れの龍に乗って、どこまでも運気UPしたい。

夢の中でもいいから、映画のあの真っ白ふわふわの龍に乗りたいなぁ。



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックいただけると嬉しいです。よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから