夜のツタンカーメンこんにちは



毎週楽しみにしている夜のツタンカーメン8.18放送分がPodcastにUPされました。

前回の続きで今週は先祖の因縁、後半です。

因縁というとホラーちっくですが、誰にでもご先祖様がいらっしゃるので、良くも悪くもご先祖様から受け継いだカルマは子孫の私たちにも影響してくるよ、というのがよくわかるお話でした。

番組では悪いカルマが現在の自分に出てしまったのを、どうやって鎮めていったのかが紹介されています。

気になるかたは前半から聞いてみてくださいね。


櫻庭さんは、全捨離もしたし掃除も欠かしてないけど自分や家族になんでこんなに不幸が続くんだろう、と悩んだときは先祖の因縁かもと言っておられました。


私には番組で紹介されていたような、繰り返し起こるドラマチックな不幸な出来事はないような・・・

むしろご先祖様に守ってもらっていると実感できた出来事がいくつかあります。

人生で初めて守られていると感じたのでは、小学生の3,4年生でした。

夏休みだったかなぁ、真夏の炎天下で友達と自転車で近所を走っていたら、軽い日射病だったのか暑さでヘロヘロに。

気が付くと車道の真ん中で自転車こいでたんです。

我に返ったときは正面に大型トラック。

これはよけられない、わたしひかれる、死んじゃうんだなと思った瞬間。

自転車ごとふわーっと浮いて、歩道に瞬間移動してました。

えっ?なにごと?

トラックはクラクションを鳴らし少し私をよけるよう反対車線側にハンドル切ってくれましたが、運転手さんも驚いた様子。

友達もびっくりしてました。

なんか今、浮いたよねって?

うん、なんなんだろう、、、、でも頭ボーっとしてるし気のせいかもなんて懲りずに自転車をこぎ続けました。

そして夕方になり日が暮れ、遊び疲れてさぁ帰ろうと思ったら今度は大きな住宅街で道に迷い、もと来た大通りに出られなくなってしまったのです。

右を見て左を見ても同じような住宅街の景色で、どっちに行けばいいのやら。。。。

困ったぞと思ったらいきなり大きな声で「右!」と聞こえてきます。

声のするまま右へ進み続けしばらくすると「左!」とまた声がして、左に進むとまた「右!」と。

言われるままに進んだらあら不思議、元の大通りに戻れました。

一日のうちに二度も助けてもらったので、さすがになにか助けてくれる存在がいるんだと実感できた出来事でした。


その存在がご先祖様なのか、守護霊様なのか、エンジェルなのかはよくわかりません。

でも人間には見えない、何か大きな存在がいるんだとこの日を境に感じるようになったのは確かです。


だから櫻庭さんの今回の番組で紹介のあったご先祖様を癒す、という儀に興味しんしん。

ますます開運して金運にも恵まれたらまずお願いしに行きたいです。

ご先祖様がどういう思いでいらっしゃるのか、なにを期待してらっしゃるのか伺いたい。

今の私に家系のカルマを浄化して貢献できるなら、やらせていただきたいです。


というわけで夢リストに「ご先祖様を癒す儀を受ける」を追加しました。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ