こんばんは

昨年は全捨離の第1段階である床面積を拡げるに注力し、家具など大物処分にまい進してきました。

お陰で造り付けの収納スペースに全部のモノが収まりかなりスッキリ。

そこで今年はその収納スペースを見直す第2段階に入ろうと思います。

第1段階の完了だけでも次の引っ越しは楽でしょう。

段ボールにつめるモノが少ないから、引っ越し前日にやっても間に合うかな。

でも段ボールにつめるモノを見れば、クローゼットの棚にある季節家電、キッチン収納の皿や鍋、洗面台収納の洗剤など、細かいのがけっこうあります。

必需品もあるから処分できない場合もありますが、量を減らすなど少しでも次の引っ越しを楽にしたいなぁ。

どこへいくのもスーツケース1つで移動、というのが理想なんですが・・・

まぁ、また休みの度に無理ないペースでやっていくので、今年の終わりにはさらにスッキリした感じになるのが目下の目標です。

ミニマリスト処分さて、そんな今年のサヨウナラのトップバッターはこちら。

「ふとん乾燥機」

Panasonicじゃないよ、まだNational製。

ということはいったいいつ買った?と裏を見てびっくり

「98年製」じゃ~ん。もう20年前か。

まだ全然使えるけど。

買った当初は布団だったからよく使ってました。

10年前くらいからベッドにしたから、あんまり使わなくなったな。

洗濯ものが乾きにくいときも昔は活躍してくれたっけな~。

今はバルコニーが広く軒が長いから雨に濡れず、洗濯ものは良く乾いてくれます。

近所に綺麗なコインランドリーもできたから、あんまり雨が続くならそこに行けばいい。

ということでサヨウナラを決めました。

問題は方法です。

使えるモノを手放す時、罪悪感が生じますね。

うーん、どうしようとしばらく考えたらポンとひらめきました。

近所の友達のAちゃんに聞いてみよう、小さい子供がいるから洗濯もの多いだろうし、お布団派だったはず。

と、早速もらってくれるか聞いてみたら「もらう!」と即答

翌日一緒にランチをして楽しい時間を過ごせ、かつ布団乾燥機をもらってもらいました。

めでたし、めでたし。

Aちゃんありがとう