夜のツタンカーメンこんにちは

毎週楽しみにしている夜のツタンカーメン第165回2.23放送分がPodcastにUPされました。


今回は玄米食家の富田船長がゲストでした。

前回船長がゲスト出演されたのは第127回と第128回で、その時の玄米食のお話がとても興味深かったのを覚えております。

今回もまた勉強になることがたーくさんありました。

船長が販売されている玄米の話になり、それは電子が多いということから、

「気」の正体=電子

だよ、とはじまりました。

電子とは分子に組み込まれていない空気中に単独に散らばっているもの。

別の言い方では「マイナスイオン」ですが、これは商業用語で学術用語ではない。

正式には自由電子と言います。

「気」がない人は電子不足ですね。



なるほど

元気がない時に美味しいもの食べて元気を出そう、と私はよく食べて復活するのですが、これも元気がない=気がない=電子不足だったのです。

だから食べ物から「気」を補給しようと、無意識に(食い意地か?)動くわけですね(笑)

いつもの散歩道では遠回りでも川のほとりを無性に歩きたくなるのは、水のマイナスイオンに惹かれるから。

コンビニのお弁当は綺麗でも「気」が抜けたように見えるのは、実態として電子がほとんどないから。

などなど、「気」=電子だとわかると日々の生活の中で合点のいくことばかりです。

オーラのある人、というのも計測したら電子をたくさん帯びているんでしょうね。


富田船長の玄米には電子がたっぷりらしいので、次に玄米買うときは船長のにしようっと。

電子を意識して食品を選ぶという発想がなかったのですが、オーガニックや採れたて新鮮、という言葉に惹かれるのは、無意識でもそれが電子量が多そうだと感じるからかな。

自分の「気」を増やす、という観点から考えれば、やはりより安全で新鮮なものが良さそうです。


船長の電子書籍も面白そうなんで読みますわ。







今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ