こんばんは

全捨離をしてみて実感しました。

洋服を含め、消耗品系にあんまりこだわりがないなぁってことに。

視覚的に色や柄がガチャガチャしてなければソコソコでいい。

世の中にこんなにたくさんあるモノの中から選ぶことが、むしろ面倒だ。

選ぶことに時間をかけるなら、好きな映画でも見てたほうが幸せかも~


買い物はお散歩になるから好きだと思ってましたが、先日モールを歩いてた時のこと。

「あーもうジム行きたい。ここで歩くより汗だくになってジムのマシンで早歩きしたーい」

と、猛烈にジムに行きたい気持ちが湧き上がってきたのです。

と、同時にそんな自分に驚きました。

ウィンドウショッピングからも卒業できたのかな。

急いで家路へ着き、着替えてジムへGO。

思い切りを汗をかくほうが、かわいい雑貨を見るより何十倍も爽快感

薄皮を剥くように、着飾ったり自分をよく見せようという欲望も落ちつつあるように感じます。

オシャレもまだまだしたいし、清潔で小綺麗なおばちゃんを目指しておりますが、内面から湧き上がる人間としての魅力を積み上げたいこの頃。

皺やシミ、たるみがあっても笑顔を絶やさず上機嫌で。

挨拶は元気よく。

できるだけ褒める。

に気をつけて、可愛げのある歳の取り方をしていこうと決めました。

実際はまだまだだけど、決めたらそうなるはず。


実は、職場で同世代の女性が陰で「あのババぁ」とか「くそババぁ」呼ばわりされているのを何回も聞きました。

ちょっとしたものの言い方、しぐさで反感を買ってしまったようです。

自分より年齢が下というだけでぞんざいな言葉遣いで、誤解を招いたのかな。

こちらが親しみと思っても相手がどう感じるかはわからないですよね。

人のふり見てなんとやら・・・

相手の年齢に関係なく、敬語と丁寧な言葉遣いで「ババぁ」と陰で言われないようにしたいものです。

実際にババぁになっていきつつありますが、「あのババぁ」にはなりたくない。

「話しやすいおばちゃん」「気さくなおばちゃん」「茶目っ気のあるおばちゃん」、この辺りを狙っていこうかと。

モノに振り回されず時間にゆとりが生まれたから、もっともっと自分のこれからの人生に目標を持って成長に集中するのです

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ