全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

全捨離とは?

こんにちは

先日お便りいただけKさんから、またお便りいただけました。



嬉しいです

ありがとうございます

全捨離に向け、あれこれ処分されているようで良かった

そのお便りの中に「服はてごわい」と書かれていたのに、すごく共感しました。

私も処分を始めたころ、リサイクルショップに売りに出しても、次から次へと出てくる服の多さに呆然。

いったい私は何枚Tシャツ持ってるんだろう。

なんでこんなに溜まるんだろう。

処分しながら買った記憶を掘り起こしていくうちに、自分の中で「服」を特別枠に入れていたことに気がついたのでした。

加えて、賃貸物件のクローゼットに服や下着など全部納まるはずがない、という思い込みもありました。

世間には収納グッズや家具があふれている、ということはみんなこれじゃ足りないんだ。

などとも思ってました。

親を見ても、洋服は何枚あれば適切というルールなんてなく、タンスを開けるのもやっとなほど。

どこの扉を開けても、なにかがぎっしり詰まってる。

そういう風景を見て育ったから潜在意識の中に、どこもかしこもモノでぎっしりが、普通になるように植え付けられて大人になりました。

ぎっしりが普通だから、どんなに空間があってもそこを埋めるように何かを買ってしまう。

私の場合、洋服や下着など身に着けるものだと、

セールで来季に着られるのをお得に買っておこう

あのイベントの時に着られそうだ

また買いに来るのは時間がかかるから、今買っておこう

アウトドア用のは別に買っておかなきゃ

なんて言い訳をつけて買い、空間を埋めていきました。

処分するペースより買うペースが早いから、あっという間にクローゼットとタンスはぎっしり。


全捨離を決意しこれまでの断捨離ではできなかったこと、、、

それは、そもそもモノをいれる場所を少なくする。

造り付け以外に自分で買ったタンスやカラーボックスを処分すること。

モノを入れる箱がなくなれば、入れる場所がないから処分せざるを得ない。

という環境にしないと、私の場合減らすのは難しいとわかったのです。

服を減らそうとし、確かにある程度減らせたのですが、タンスがあると入れる場所があるから処分のペースが落ちます。

断捨離のときはそうやってモノに視点を合わせてました。

それが全捨離を知ってから床面積を広げるを意識したら、「そうだ、造り付け以外の家具を処分しないと面積広がらないじゃん」と気がつきます。

この家具を処分すれば、ここに入ってるこれ捨てないと、入れる場所がなくなる。

入れ物を捨てるから、そこに入ってるモノも捨てる、という順番にしたら、これまでよりグンと早く処分できるようになりました。

全捨離を知らずに服だけ見ていたら、処分のペースはもっと時間がかかったでしょう。

それが床面積を広げるためにしたら、意外に気持ちがラクに処分ができた。

こうして造り付けのクローゼットだけに衣類が納まるようにしないといけなくなりました。

今度は足りなくなっても家具は買わない。

となると、ここに納まるだけの量しか持てません。

それまでは入れ物を増やせばいいと思ってましたが、もうそれはしないと決めた。

それでようやく「空間をぎっしり埋めたい」呪縛から目が覚めた気がします。

今は限られた少しのスペースだから、逆に制限が明確な分、その範囲でどうするかを考ればいい。

色んな場面や万が一、なんてことはもう考えない。

今季必要な分だけ用意する。

このやり方のほうが、時間とお金の節約にもなりますね。

全捨離前は、服にどれだけ振り回されていたんだろう。

あれだけの時間をかけて見に行き、買っていたなんて、今思えばもったいない時間の使い方だったなぁ。

服の手ごわさを乗り越え、ここ最近、ようやく自分と向き合う時間を増やせるようになりました。

もっともっと自分と対話し、毎日毎秒心の底から幸せを感じて生きていきたい、と思います。


人生の道程には、色んな手ごわさが転がってる。

1つずつ、それをクリアする度にゲームのように次の場面に人生も切り替わるんだろうな。

今の場面にとどまってもいいし、次の場面に行ってもいい。

私はどんどん次の場面で次のゲームを体験したい派です。

だからこれからも、クリアすることを見つけて次へ進むのです。

全捨離に興味をもっているかた、始めていらっしゃるかたは、おそらく同じように次へ進みたいかたが多いでしょう。

その過程で「手ごわさ」が出てきたら「きたーーーー」とワクワクしてみてください。

それを越えたらきっと、次の人生ゲームの場面に切り替わりますから。





今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

応援クリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから

 

こんにちは

先日メッセージをいただいておりましたのに、気がついたのが遅く申し訳ありません。

誕生日のお祝いをありがとうございます。

この場を借りて、お礼申し上げます。

Kさん、ありがとうございます。

全捨離にご興味おありと書かれていらっしゃったので、ぜひご自身のペースで実践いただきたいです。

私の場合、シフト勤務で毎週連休があるわけではなく、2日出勤して休み、3日出勤して休みというパターンが多い。

休みが1日だと、ゆっくり休養もしたい。

なので、今日はこのタンスだけ、と部分的に捨離って、続きはまた次の休みに。

と、ゆっくりなペースで進めました。

自分が捨離やすい箇所から始め、まずは捨離ることに慣れると、あとは時間を見て捨離る箇所を増やすペースも上がっていきました。

1ヶ月以内に使ってないものを処分、と基準は明確なんで、あとは一気にやっても、少しずつやっても、ゴールは同じですしね。

とにかく最後までやり抜くことは決めてからやったので、途中に迷いは生じなかった。

それまでの人生に大きな不満はなかったけれど、さらに人生楽しく過ごしたい。

櫻庭大王の言う「想定外の未来」ってのに出会いたくって。

でも自分の天命や使命、まだそういったはよくわかりません。

今のところ実感しているのは、

・心の中の爽快感が毎日持続

・心がスッキリすると体もスッキリさせたくて運動したくなりジムに通い、さらに健康になっている

・自分の望みに耳をしっかり傾けるようになった

と、自分を大事に労われるようになりました。

自分のことに集中できると、周囲は気にならなくなりますね。

ネガティブなニュースを聞いても、まぁそれはそれで、と引きずられない。

モノを捨離ると、常にスッキリした室内が視野に入るため、モノがたくさんあった時の様々な色や形など、視野に入る雑音が遮断される。

そうなると、他に情報も人も、同じようにスッキリさせたくなるんですね。

たまに誰かの家に遊びに行き、モノが多い空間を見ると、クラクラしてくる・・・

見る人によっては殺風景な自分の家が、私には一番落ち着いてリラックスできます。

こんな感じで、私の実感する全捨離の効果は、自分を大事にすることを実践できるようになったことでした。

自分を大事にする、とは言葉はわかっていただけど、具体的になんなのか腑に落ちてなかったのです。

それがようやくわかってきた。

自分を満たす、自分を愛する。

この意味や方法がわかりつつある今、日々自分を愛し、さらに次に何が見えてくるのか。

それがとても楽しみです。

Kさんもぜひ、人生の次の扉を開ける鍵を、全捨離で手に入れてください

なにか私でできることがあれば、喜んでお手伝いさせていただきます。

櫻庭大王のyou tubeでもモチベーションアップ上げられますよ~



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから





こんにちは

ウチ、断捨離しましたTverアプリに、断捨離のやましたひでこさんが出演されている番組がUPされてました。



番組を見ながら全捨離の櫻庭大王と違い、女性ならではの配慮があるなぁ。

と、作業の進め方に大きな違いを感じる。

って、櫻庭大王をディスってるわけじゃありません。

私は性格的に決断が早く、理論的に考えるタイプ。

要るか要らないか決めましょうという断捨離スタイルより、直近1か月以内に使ってないのは全部捨てて床面積を広げる。

という明確な基準がある全捨離スタイルのほうが、性に合います。

こんまりさんのときめくか、ときめかないか、も全部の所有物にやってたら逆にイラっとするし。

番組では断捨離期間を1か月と設け、少しずつ減らしながら自分と向き合い、最後は涙して大喜び、みたいなストーリーでした。

モノがあふれるという空間は、心のありようをそのまま投影したもの。

心がスッキリしないと部屋も片付かないから、その心とゆっくり向き合いながら部屋を片付けていくと、気持ちが自然と癒されてていく。

出演者みなさん、そんなとても叙情豊かで女性らしいストーリーですね。

それと比べると、今さらながら自分の男っぷりがよくわかるぅ

泣いてまで捨てるのにためらうモノなんて、なかったよ。

すぐに売れるものはリサイクルショップに売りに行ったけど、自転車もないから手で持っていくのに何回にもなり面倒だっただけだ。

処分するのは良いが、真夏に手で運ぶってしんどい。

大型家具も処分場まで運ぶのが無理で、取りに来て処分してくれる人を探したっけな。

それくらいか、大変だったのは。

とりたてて、モノへも人へも、たいした執着や思い入れってないんだよなぁ。

こういう私のようなタイプで、どう部屋を片付けたらいいかわからないという人は全捨離が合うでしょう。

もう片っ端からこの1か月に使わなかったものをゴミ袋に入れるだけ。

休み取って集中してできるなら数日で終わるね。

早ければ当日で。

だから一気にやってはい終了!の全捨離は、この番組みたいなストーリーにはなりくいかも。

櫻庭大王がお宅訪問しても、家が邪気の巣窟になってるのを解消するには、サッサと済ませろ。

涙流してる場合じゃないよ、って言われそう。

やましたさんが人気があるのは、気持ちを汲みながら一緒に伴走してくれるからなのでしょう。

出演者の過去の思い出と未来への想いが、視聴者の共感を誘いますよね。

いやいや櫻庭大王だって負けてない。

最近じゃyou tubeも登録者数3万人超えたし。

ときめくかどうかなんて、いちいちやってらんねぇという男性。

あるいは男性的な思考の持ち主の女性には、わかりやすく実践しやすい。

断捨離の必要かどうかの判断基準は、捨てられない人には迷いやすいのではないかな。

その基準が身についていたら、そもそもモノで家はあふれてない。

でも全捨離の処分目安である、この1か月以内に使ったかどうかはハッキリわかるでしょう。

このグレーゾーンのない捨てる基準の明確さが、シンプルでいいのよ。

だから全捨離でこんな番組あれば、お笑いっぽくなって面白そうだなぁと思う。

お涙ちょうだい的なストーリーにならず、櫻庭大王がカツ入れて、あっという間に終わる作業。

っで、その後の奇跡を後追いし、出演者の人生がこう変わりましたって紹介するの。

そうしたら視聴者は早く自分も全捨離して奇跡起こすぞ~って、モチベーション上がりそう。

やましたさんの断捨離の番組は、ややもすると大変さを強調しているような気がするなぁ。

同じような境遇の人は、こんな大変なんだと感じたら、やる気どころかますます委縮しないかな。。。

どんな手段でも、より幸せになれればいい。

けどその過程は簡単で楽しいほうが、取り組みやすいだろうなぁ。

番組を見ながらそんなことを思いました。

櫻庭大王がもっと有名になり、あのスタイルでどんどん笑いながら捨離させる番組が、できてくれないかなぁ。




今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


こんにちは



全捨離提唱者の櫻庭大王が、令和版「全捨離」講演をyou tubeにUPしてくれています。

IMG_0014相変わらずのマシンガントークかつ、筋トレで鍛えまくっているご本人のお姿はちょっと暑いですが・・・(笑)

平成のパンツは捨てろ!

そんなもん履いてたら人生終わってる

運気を上げるには真新しいもので身を包むべし


というのを今回シャウト・・・・いや、お話されてます。

私も大王の話に影響され、かれこれ1年以上、毎月月初にパンツと靴下を交換するようになりました。

交換する時期が明確になったので、何も考えず毎月、来月用の新しいのを必要枚数だけ買う。

これで少しでも運が上がるなら安いもんです。

実際確実に運気UPしてると思うし。

令和が始まって2か月が経つんですものね。

平成はイマイチだったよというかたは、令和で開運のため、パンツと靴下の交換時期を見直してみてもいいかも~





今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんばんは

全捨離提唱者の櫻庭大王のYouTubeチャンネルができてました。

全捨離編は2つあります





過去にPodcastで配信されたものですが、YouTubeのほうが気軽に聴きやすいですね。

あのマシンガントークがおもしろく、またリバウンドしないよう、私は全捨離の回を時折り聞き返しています。

こんまりさんのときめく片づけが「ゆるふわ系」で女子的な感じだとすると、

大王の全捨離は「体育会系」で男性的。

その分とっても目的が明確なので、モノを捨てないと・・・と思いつつできないかたにはまず大王の話を聴いてみてほしいなぁ。

なんのためにモノを減らし、どこに向かって生きていくのか。

これが自分の中で明確になれば、誰でも片づけへのスイッチは入るはず。

そのスイッチを入れるため、強烈なパンチをこれでもかとマシンガントークで浴びせてくるのが大王のトーク。

人生を本気で変えたいなら、ときめいてる場合じゃない

と言われたときは、それまで こんまり流 でゆるく片づけていた私は目が覚めた。

なんとなく断捨離していたのを、本気で人生変えるために全捨離してみようと。

明確な基準な元でやらないと、なんとなくではどこまでやったらいいかよくわからないんですよねぇ。

ゴールが見えない感じ。

全捨離の基準は基本、「1ケ月以上使わないモノは全部処分」と、とっても明確なので、到達点がわかりやすい。

あとは床面積を拡げる、磨く。

シンプルな基準でゴールまで進めるというのは、気が楽でした。

すっかりモノが減ってからは本当に気に入るモノに入れ替えはしますが、もう増えることはありません。

まだ減らせる余地は少しあり。

生活習慣が変われば使うモノが変わるから、習慣そのものを見直せば使わなくなるモノが出てくるでしょう。

自分 対 モノ の関係の軸は全捨離のおかげで定まったと思います。

あとは習慣を見直し、細かいところを練り上げていきたいな。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます


あなたのクリック応援でランキングUPよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

↑このページのトップヘ