全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

全捨離とは?

こんにちは

ウチ、断捨離しましたTverアプリに、断捨離のやましたひでこさんが出演されている番組がUPされてました。



番組を見ながら全捨離の櫻庭大王と違い、女性ならではの配慮があるなぁ。

と、作業の進め方に大きな違いを感じる。

って、櫻庭大王をディスってるわけじゃありません。

私は性格的に決断が早く、理論的に考えるタイプ。

要るか要らないか決めましょうという断捨離スタイルより、直近1か月以内に使ってないのは全部捨てて床面積を広げる。

という明確な基準がある全捨離スタイルのほうが、性に合います。

こんまりさんのときめくか、ときめかないか、も全部の所有物にやってたら逆にイラっとするし。

番組では断捨離期間を1か月と設け、少しずつ減らしながら自分と向き合い、最後は涙して大喜び、みたいなストーリーでした。

モノがあふれるという空間は、心のありようをそのまま投影したもの。

心がスッキリしないと部屋も片付かないから、その心とゆっくり向き合いながら部屋を片付けていくと、気持ちが自然と癒されてていく。

出演者みなさん、そんなとても叙情豊かで女性らしいストーリーですね。

それと比べると、今さらながら自分の男っぷりがよくわかるぅ

泣いてまで捨てるのにためらうモノなんて、なかったよ。

すぐに売れるものはリサイクルショップに売りに行ったけど、自転車もないから手で持っていくのに何回にもなり面倒だっただけだ。

処分するのは良いが、真夏に手で運ぶってしんどい。

大型家具も処分場まで運ぶのが無理で、取りに来て処分してくれる人を探したっけな。

それくらいか、大変だったのは。

とりたてて、モノへも人へも、たいした執着や思い入れってないんだよなぁ。

こういう私のようなタイプで、どう部屋を片付けたらいいかわからないという人は全捨離が合うでしょう。

もう片っ端からこの1か月に使わなかったものをゴミ袋に入れるだけ。

休み取って集中してできるなら数日で終わるね。

早ければ当日で。

だから一気にやってはい終了!の全捨離は、この番組みたいなストーリーにはなりくいかも。

櫻庭大王がお宅訪問しても、家が邪気の巣窟になってるのを解消するには、サッサと済ませろ。

涙流してる場合じゃないよ、って言われそう。

やましたさんが人気があるのは、気持ちを汲みながら一緒に伴走してくれるからなのでしょう。

出演者の過去の思い出と未来への想いが、視聴者の共感を誘いますよね。

いやいや櫻庭大王だって負けてない。

最近じゃyou tubeも登録者数3万人超えたし。

ときめくかどうかなんて、いちいちやってらんねぇという男性。

あるいは男性的な思考の持ち主の女性には、わかりやすく実践しやすい。

断捨離の必要かどうかの判断基準は、捨てられない人には迷いやすいのではないかな。

その基準が身についていたら、そもそもモノで家はあふれてない。

でも全捨離の処分目安である、この1か月以内に使ったかどうかはハッキリわかるでしょう。

このグレーゾーンのない捨てる基準の明確さが、シンプルでいいのよ。

だから全捨離でこんな番組あれば、お笑いっぽくなって面白そうだなぁと思う。

お涙ちょうだい的なストーリーにならず、櫻庭大王がカツ入れて、あっという間に終わる作業。

っで、その後の奇跡を後追いし、出演者の人生がこう変わりましたって紹介するの。

そうしたら視聴者は早く自分も全捨離して奇跡起こすぞ~って、モチベーション上がりそう。

やましたさんの断捨離の番組は、ややもすると大変さを強調しているような気がするなぁ。

同じような境遇の人は、こんな大変なんだと感じたら、やる気どころかますます委縮しないかな。。。

どんな手段でも、より幸せになれればいい。

けどその過程は簡単で楽しいほうが、取り組みやすいだろうなぁ。

番組を見ながらそんなことを思いました。

櫻庭大王がもっと有名になり、あのスタイルでどんどん笑いながら捨離させる番組が、できてくれないかなぁ。




今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから


こんにちは



全捨離提唱者の櫻庭大王が、令和版「全捨離」講演をyou tubeにUPしてくれています。

IMG_0014相変わらずのマシンガントークかつ、筋トレで鍛えまくっているご本人のお姿はちょっと暑いですが・・・(笑)

平成のパンツは捨てろ!

そんなもん履いてたら人生終わってる

運気を上げるには真新しいもので身を包むべし


というのを今回シャウト・・・・いや、お話されてます。

私も大王の話に影響され、かれこれ1年以上、毎月月初にパンツと靴下を交換するようになりました。

交換する時期が明確になったので、何も考えず毎月、来月用の新しいのを必要枚数だけ買う。

これで少しでも運が上がるなら安いもんです。

実際確実に運気UPしてると思うし。

令和が始まって2か月が経つんですものね。

平成はイマイチだったよというかたは、令和で開運のため、パンツと靴下の交換時期を見直してみてもいいかも~





今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんばんは

全捨離提唱者の櫻庭大王のYouTubeチャンネルができてました。

全捨離編は2つあります





過去にPodcastで配信されたものですが、YouTubeのほうが気軽に聴きやすいですね。

あのマシンガントークがおもしろく、またリバウンドしないよう、私は全捨離の回を時折り聞き返しています。

こんまりさんのときめく片づけが「ゆるふわ系」で女子的な感じだとすると、

大王の全捨離は「体育会系」で男性的。

その分とっても目的が明確なので、モノを捨てないと・・・と思いつつできないかたにはまず大王の話を聴いてみてほしいなぁ。

なんのためにモノを減らし、どこに向かって生きていくのか。

これが自分の中で明確になれば、誰でも片づけへのスイッチは入るはず。

そのスイッチを入れるため、強烈なパンチをこれでもかとマシンガントークで浴びせてくるのが大王のトーク。

人生を本気で変えたいなら、ときめいてる場合じゃない

と言われたときは、それまで こんまり流 でゆるく片づけていた私は目が覚めた。

なんとなく断捨離していたのを、本気で人生変えるために全捨離してみようと。

明確な基準な元でやらないと、なんとなくではどこまでやったらいいかよくわからないんですよねぇ。

ゴールが見えない感じ。

全捨離の基準は基本、「1ケ月以上使わないモノは全部処分」と、とっても明確なので、到達点がわかりやすい。

あとは床面積を拡げる、磨く。

シンプルな基準でゴールまで進めるというのは、気が楽でした。

すっかりモノが減ってからは本当に気に入るモノに入れ替えはしますが、もう増えることはありません。

まだ減らせる余地は少しあり。

生活習慣が変われば使うモノが変わるから、習慣そのものを見直せば使わなくなるモノが出てくるでしょう。

自分 対 モノ の関係の軸は全捨離のおかげで定まったと思います。

あとは習慣を見直し、細かいところを練り上げていきたいな。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます


あなたのクリック応援でランキングUPよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

IMG_0005こんにちは

全捨離提唱者の櫻庭大王のホームページができてました。

コンテンツはこれから充実していくと思われますが、全捨離についての基本的なことは掲載されているので、ご興味ある方はぜひご覧くださいませ。

このブログでもご紹介させていただいた、過去の大王のPodcastも無料でまだ聞けますよ~。

Podcastで無料配信していた「夜のツタンカーメン」。

今は有料のオンラインサイトになり、会員限定で更にディープな情報が発信されています。

私は大王ファンなんで、会員になりました

全捨離についても、その他面白くタメになる情報盛りだくさん。

講演も行きたいけれど、遠方だとなかなか叶わずなんですよねぇ。

それがオンラインサロンでは音声配信してくれているから、ありがたいです

未来につながる貴重な情報をGETしたい方はぜひ



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

IMG_0533こんばんは

近所のディスカウントスーパーではいつも199円で切り花が売ってます。

茎が曲がったり大きさが不揃いだからお安いのでしょうが、気軽に買えるので大助かり。



さて、自分には全捨離はもちろん断捨離だってムリムリ。

モノ減らせないからぁ。

と、友達に言われることがあります。

減らしたくないモノを無理に減らす必要はない。

気乗りしないことをするのは、精神衛生上よろしくないでしょう。

それに自分が心から望むことをしたほうが、ハッピーの引き寄せ循環ができると思います。

結果が出るならやるけど・・・という意見もありました。

何かしら結果は出ます、これは断言できます

映画になるようななにか壮大な物語をイメージするなら、そういうレベルかはわかりませんが。

モノの数が減ればそれだけ手入れや掃除にかかる時間は削減できるから、時間に余裕が生まれるのは確かです。

その時間で人生が変わるような経験が、もしかしたらできるかも。

全捨離に限らず、何かを決断して実行すればそれだけ経験を積むのですから、大小に関わらず得ることはある。


ところで、あの世の持っていけるのは「経験」と「思い出」だけ、だそうですよ。

そういう意味で、リバウンドしたとしても、やること=経験することに価値があるのではないでしょうか。

私は全捨離の経験を通し一番収穫だったのは、なんといっても

「自分に取ってなにがいくつ必要なのか、その最低基準値を決めることが豊かに暮らす物差しなんだ」

と、気がついたことでした。

これは書籍には書いてなかったことです。

パンツなら4枚、靴下なら3つ、ブラジャーはワイヤー入りが1枚、ブラトップが3枚・・・

など自分にとっての最低必要枚数が明確になると、次は取り換え時期を決める。

そうするとおおよその予算がわかります。

予算を削りたいなら質を下げるか数を減らすか。

ゆとりを持たせ余裕を実感できリッチな気分に浸るには、数はそのままで質の良いものを買うため予算を上げるか。

いずれにしも基準があって初めてこうして検討ができるようになるのです。

それまでは何しろすべてが「THE・どんぶり勘定」でしたから、セールにつられなんとなく買っていたものが多く、数を把握していないどころか予算の管理もしてませんでした。

節約の考え方が根本的に間違っていたのです

本気で節約したいなら、まず最低必要数を把握できていなければ話になりません。

その数は環境により変動はあるでしょうが、それでも基本となる数があっての変動です。

基本がないと変動ではなく、ただの「THE・どんぶり勘定」。

それを身を持って実感したので、全捨離や断捨離を検討しているけどなかなか踏み出せないという方にはこうお伝えしたいです。

捨てるかはどうかより、まず全てのモノの必要最低数を洗いだしてメモしたほうがいい。

その数より何が何%上回っているか把握できたら、一番多く上回ったモノが、こだわりのあるモノや収集癖があるモノだと自分で認識できるでしょう。

自分で自分をわからないうちは、どうしたらいいかと足踏みして前へ進めないんだと思います。

なんとなくしかわからなかった自分のことがモノの数を通して見えてきたら、やりたいとかやりたくないとかではなく、自然と身体が動くのではないでしょうか。


私の場合、仕事では予算を決める、計画を立てるなんて普通にやってました。

でも自分のこととなるとサッパリできてなかったことに愕然・・・

家計簿じゃ使ったあとの管理なので、たいした節約にはなってなかったんです。

これらの反省を活かし、今後は必要最低数と予算をまとめ、自分の年度予算計画を立てようと思いました。

買うモノと数、時期が明確になった上で購入し、購入額が予算より低く抑えられたらそれが節約なんですよね。

収入や願望により予算は上げていきたいです。

でも数は維持したいなと思います。

時間のゆとりのほうが優先なんで、できるだけモノの管理・手入れ・片づけに時間を取られないようにしたいです。

ということで、年度予算表作り が次なる目標として明確になりました


こうして何かを決断して実行すれば、自然と次に自分に必要なことが見えてきます。

何かをしたときの成果って、そういう気づきを得ることなのではないでしょうか。






今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

↑このページのトップヘ