全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

全捨離とは?

こんばんは

全捨離提唱者の櫻庭大王のYouTubeチャンネルができてました。

全捨離編は2つあります





過去にPodcastで配信されたものですが、YouTubeのほうが気軽に聴きやすいですね。

あのマシンガントークがおもしろく、またリバウンドしないよう、私は全捨離の回を時折り聞き返しています。

こんまりさんのときめく片づけが「ゆるふわ系」で女子的な感じだとすると、

大王の全捨離は「体育会系」で男性的。

その分とっても目的が明確なので、モノを捨てないと・・・と思いつつできないかたにはまず大王の話を聴いてみてほしいなぁ。

なんのためにモノを減らし、どこに向かって生きていくのか。

これが自分の中で明確になれば、誰でも片づけへのスイッチは入るはず。

そのスイッチを入れるため、強烈なパンチをこれでもかとマシンガントークで浴びせてくるのが大王のトーク。

人生を本気で変えたいなら、ときめいてる場合じゃない

と言われたときは、それまで こんまり流 でゆるく片づけていた私は目が覚めた。

なんとなく断捨離していたのを、本気で人生変えるために全捨離してみようと。

明確な基準な元でやらないと、なんとなくではどこまでやったらいいかよくわからないんですよねぇ。

ゴールが見えない感じ。

全捨離の基準は基本、「1ケ月以上使わないモノは全部処分」と、とっても明確なので、到達点がわかりやすい。

あとは床面積を拡げる、磨く。

シンプルな基準でゴールまで進めるというのは、気が楽でした。

すっかりモノが減ってからは本当に気に入るモノに入れ替えはしますが、もう増えることはありません。

まだ減らせる余地は少しあり。

生活習慣が変われば使うモノが変わるから、習慣そのものを見直せば使わなくなるモノが出てくるでしょう。

自分 対 モノ の関係の軸は全捨離のおかげで定まったと思います。

あとは習慣を見直し、細かいところを練り上げていきたいな。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます


あなたのクリック応援でランキングUPよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

IMG_0005こんにちは

全捨離提唱者の櫻庭大王のホームページができてました。

コンテンツはこれから充実していくと思われますが、全捨離についての基本的なことは掲載されているので、ご興味ある方はぜひご覧くださいませ。

このブログでもご紹介させていただいた、過去の大王のPodcastも無料でまだ聞けますよ~。

Podcastで無料配信していた「夜のツタンカーメン」。

今は有料のオンラインサイトになり、会員限定で更にディープな情報が発信されています。

私は大王ファンなんで、会員になりました

全捨離についても、その他面白くタメになる情報盛りだくさん。

講演も行きたいけれど、遠方だとなかなか叶わずなんですよねぇ。

それがオンラインサロンでは音声配信してくれているから、ありがたいです

未来につながる貴重な情報をGETしたい方はぜひ



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

IMG_0533こんばんは

近所のディスカウントスーパーではいつも199円で切り花が売ってます。

茎が曲がったり大きさが不揃いだからお安いのでしょうが、気軽に買えるので大助かり。



さて、自分には全捨離はもちろん断捨離だってムリムリ。

モノ減らせないからぁ。

と、友達に言われることがあります。

減らしたくないモノを無理に減らす必要はない。

気乗りしないことをするのは、精神衛生上よろしくないでしょう。

それに自分が心から望むことをしたほうが、ハッピーの引き寄せ循環ができると思います。

結果が出るならやるけど・・・という意見もありました。

何かしら結果は出ます、これは断言できます

映画になるようななにか壮大な物語をイメージするなら、そういうレベルかはわかりませんが。

モノの数が減ればそれだけ手入れや掃除にかかる時間は削減できるから、時間に余裕が生まれるのは確かです。

その時間で人生が変わるような経験が、もしかしたらできるかも。

全捨離に限らず、何かを決断して実行すればそれだけ経験を積むのですから、大小に関わらず得ることはある。


ところで、あの世の持っていけるのは「経験」と「思い出」だけ、だそうですよ。

そういう意味で、リバウンドしたとしても、やること=経験することに価値があるのではないでしょうか。

私は全捨離の経験を通し一番収穫だったのは、なんといっても

「自分に取ってなにがいくつ必要なのか、その最低基準値を決めることが豊かに暮らす物差しなんだ」

と、気がついたことでした。

これは書籍には書いてなかったことです。

パンツなら4枚、靴下なら3つ、ブラジャーはワイヤー入りが1枚、ブラトップが3枚・・・

など自分にとっての最低必要枚数が明確になると、次は取り換え時期を決める。

そうするとおおよその予算がわかります。

予算を削りたいなら質を下げるか数を減らすか。

ゆとりを持たせ余裕を実感できリッチな気分に浸るには、数はそのままで質の良いものを買うため予算を上げるか。

いずれにしも基準があって初めてこうして検討ができるようになるのです。

それまでは何しろすべてが「THE・どんぶり勘定」でしたから、セールにつられなんとなく買っていたものが多く、数を把握していないどころか予算の管理もしてませんでした。

節約の考え方が根本的に間違っていたのです

本気で節約したいなら、まず最低必要数を把握できていなければ話になりません。

その数は環境により変動はあるでしょうが、それでも基本となる数があっての変動です。

基本がないと変動ではなく、ただの「THE・どんぶり勘定」。

それを身を持って実感したので、全捨離や断捨離を検討しているけどなかなか踏み出せないという方にはこうお伝えしたいです。

捨てるかはどうかより、まず全てのモノの必要最低数を洗いだしてメモしたほうがいい。

その数より何が何%上回っているか把握できたら、一番多く上回ったモノが、こだわりのあるモノや収集癖があるモノだと自分で認識できるでしょう。

自分で自分をわからないうちは、どうしたらいいかと足踏みして前へ進めないんだと思います。

なんとなくしかわからなかった自分のことがモノの数を通して見えてきたら、やりたいとかやりたくないとかではなく、自然と身体が動くのではないでしょうか。


私の場合、仕事では予算を決める、計画を立てるなんて普通にやってました。

でも自分のこととなるとサッパリできてなかったことに愕然・・・

家計簿じゃ使ったあとの管理なので、たいした節約にはなってなかったんです。

これらの反省を活かし、今後は必要最低数と予算をまとめ、自分の年度予算計画を立てようと思いました。

買うモノと数、時期が明確になった上で購入し、購入額が予算より低く抑えられたらそれが節約なんですよね。

収入や願望により予算は上げていきたいです。

でも数は維持したいなと思います。

時間のゆとりのほうが優先なんで、できるだけモノの管理・手入れ・片づけに時間を取られないようにしたいです。

ということで、年度予算表作り が次なる目標として明確になりました


こうして何かを決断して実行すれば、自然と次に自分に必要なことが見えてきます。

何かをしたときの成果って、そういう気づきを得ることなのではないでしょうか。






今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

rays-2464986_960_720こんにちは

今日は前回の続き、全捨離をしてから私に起こった奇跡をお話させてください。

これはあくまで自分が感じている奇跡なので、他の人から見て奇跡に思えないかもしれませんが・・・

さて、心が平穏になる状態を常時維持できるようになった後、私はツインソウルと想える彼に再会しました。

クリスマスに久しぶりに連絡が来たのです。

彼との出会いは10年ほど前かな。

一般にツインソウルとは出会っても試練が多いと言われるように、私たちも試練が多くいまだ一緒になることはできていません。

始めのうちはお互いにそれがもどかしくフラストレーションが大きかったのですが、私はもうしょうがないなと半ば諦めてます。

国籍と言葉の壁が大きいですし、まぁ無理しなくてもいいのでは、と生来の執着心のなさというか、良くも悪くも諦めが早いタチです。

反面、彼の性格は真逆。

思考型の私に対して感情型。

執着心のない私に対してこだわりが強い。

冷静な私に対して何ごともドラマチックで熱い。

私が1行メッセージを書いて送れば10行で返ってくる。

とまぁ、正反対なのです。

同じ言語でも伝え方って難しのに、私の言語である日本語も、彼の言語も世界的にはマイナーで、英語を介さないとコミュニケーションが成り立ちません。

しかもお互い流暢ではないから大変です。

伝えたいことがすんなりつたえられないもどかしさに幾度となく疲労困憊に。

おかげで少しは英語が上達したかな?

今では覚えの早い彼の方が流暢で、私の言わんとしていることを察してくれるようになりました。

でも私は無理して乗り越えなくてもいいのではないか、縁には感謝だけど、それぞれの国でハッピーに生活したほうが良さそうな気がしています。

些細なことから喧嘩になり、連絡するのを控えるように・・・

もう1年以上。

そんな彼からまたメリークリスマスの連絡をもらい、久々にゆっくり話しました。

自分の気持ちはこれまでもこれからも変わらない、どれだけ時間がかかっても必ず一緒になることを信じている。

というような気持ちを伝えてくれ、嬉しかったです。

けどこれまでの反省を踏まえ、私は私のペースで人生を大いに楽しみ好きなことをして生きていくつもり。

そこでまた歯車が噛み合えば、壁と思っていたこともすんなりと越えられ道が開けえるかもしれません。

だからどうしても一緒にならないといけないとか、そういう思い込みも持たないことにしました。

なるようになるでしょう。

ツインソウルだからロマンチック、などとも今では思ってません。

そんなことにはこだわらず、出会った人全てを大切にしていけば人生は開けるものだと考えます。


ただ、ツインソウルには試練が多いというのを知っていると、そういうもんだと諦めて試練を受け入れやすくなりました。

ちなみに彼がツインソウルとわかったのは、友人に薦められてインド人の占星術師に見てもらった時に、「あなたの相手は白人、向こうから探すからあなたは何もしなくていい」と言われたのがきっかけ。

当時は別の人がいたので、この占星術師の言ったことは信じられませんでした。

のちにまた成りいきで別の占い師のような人が見てくれたときも同じようなことを言われました。

「相手は白人、ヨーロピアン、向こうが探すからあなたは探すな」みたい感じで。

思考型の私には根拠のない占いは余興程度に楽しむだけであまり信じないけれど、同じような内容を別の人からも言われるとさすがにそうなのかな、と。

今では彼にも再三「I found you」僕が君を見つけたんだ、と言われます(笑)


以上、お互いに成長しクリスマスをきっかけにまたツインソウルと縁がつながった、これが全捨離効果の奇跡の第2弾でした。

さて、次なる奇跡はなにかな~?




こんにちは

今日は2017年を振り返り、私なりのここまでの全捨離結果をブログに残しておこうと思います。

まず開始時期。

これまでの断捨離に加え、本格的に全捨離を実行をするスイッチが入ったのが2017年2月ごろでしょうか。

いつもご紹介している「夜のツタンカーメン」というPodCastを聞き始めたのがきっかけです。

PodCastでも何回か具体的な方法を教えてくれましたが、「全捨離のすすめ」書籍が出て改めて細かい部分がわかり、とにかく休みの度に処分を続けました。

よって時間かかり自分で全捨離できたなと実感できたのが7月くらい。

一気に捨ててリバウンドしちゃうのが怖かったのと、納得しながら進めたかったので私はこのペースでした。

もちろん目的は開運です。

PodCastでも全捨離効果は抜群で、やり遂げれば奇跡が起こる、とは櫻庭大王が繰り返し言われておりましたが正直なところ、自分にどういう奇跡が起こるか皆目見当はつきませんでした。



書籍によれば

「運気が上がると神様はあなたが一番欲しかったもの、一番必要としていたものを与えてくれます。

それは想定外のカタチでやってくることも多いです。

結果にコミットしたら、あとは忘れてしまうくらい軽やかに、どんな結果が来るかな、と楽しみながら実践を続けてください」

「もう面白いくらい数珠つなぎで想定外の出来事が次から次へとやってきます」


とあります。

どんな結果が見当がつかないから期待もせず、

人生を変えたいが何がどう変わればいいかこれと言って思い浮かばず、

そうかと言って今の人生に不満があるわけでもなく、

なにか起こらなくてもいい、ただなんとなく面白そう、と思って私は始めました。

そして結果、心がとーってもスッキリしたのが一番の収穫。

一瞬のスッキリではなく、もうずーっと爽快感と開放感に満たされ続けているんです。

時間に追われて「これしなきゃ、あれしなきゃ」と焦る気持ちがまずなくなりました。

元々かなりせっかちでしたが、一つ一つ動作をゆっくり丁寧に。

早口を直し、少しゆっくり話せるように。

怒りを手放し、例え相手に怒りをぶつけられても気持ちは引きずられず。

そんな心の平穏かげんが半端ないこの状態を手に入れられただけで、私にはもう奇跡です。

しかも、モノが減ったから次の引っ越しは安く済ませられるかもしれないおまけ付きで。

あぁ、ほんと幸せ

櫻庭大王ありがとう

と思っていたら、これは始まりなのでしょうか。

書籍の通り、次の奇跡が訪れました。

長くなるのでこの話はまた次回詳しくさせていただきま~す。



↑このページのトップヘ