全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

今週の夜ツタ

夜のツタンカーメンこんにちは

毎週楽しみにしている夜のツタンカーメン第163回2.9放送分がPodcastにUPされました。


先週に引き続きリスナーからの質問に答えてくれる30分。


今回は「成功者は打率が低い、打率は1割」だよ、とじっくり教えてくれ、深く考えさせられました。



この世の中に成功も失敗もない、そう思う心があるだけ。

うまくいかなかったことは次の成功へのステップで、それを経験しなければならなかったというだけ。




実際に大王自身の失敗談がこれまた面白かったです。

これは間違いなく流行る、爆発的ヒット間違いなし、と踏んだ健康食品のお店を500万くらい資金をつぎ込んで出したものの、まったく売れなかったそうです。

出店前にスタッフに止めたほうがいいとさんざん言われたのに出店し、結局失敗。

今なら成功させられる自信はあるけど、その当時は未熟でチラシの作り方やビジネスそのものを理解してなかった、と。

だから一つ一つに一喜一憂しない、同じ過ちを繰り返さなくなるからその経験もビジネスを学ぶ上で必要だったということですね。


大王のスケールは大きくとてもそのレベルでの失敗は私にはないけれど、それでも失敗は数々あります。

成功者の打率で1割なら、凡人はいかに・・・

良くて0.5?

それだと19回失敗しないと成功に行き着かないですね。

こうやって数字で示されるとほとんど失敗ばかりが普通なんだなとわかります。

となると、成功したい!成功しなくては!と思い込むと1回の失敗でのダメージが大きそう。


失敗した?

あっ、それいつものことだから。

次にいこう。次!

くらいでいいのかな。


成功したいなら失敗を数多く経験しないと行き着かない、と肝に銘じて行動しよう。

ついつい「あぁ、あの時あー言わなければ、こーしなければ」と過去を悔やみ、前に進めないことがありました。

そこに留まってモヤモヤした気持ちになったり、人から笑われても、次がまた失敗になるかもしれなくても、失敗の数をこなさないと成功には辿り着かないのだから。

そう自分に強く言い聞かせました。




夜のツタンカーメンこんにちは

毎週楽しみにしている夜のツタンカーメン第162回2.2放送分がPodcastにUPされました。


今回は番組初 リスナーからの質問に答えてくれる30分でした。

これまでも質問に答えてくれそうな時はありましたが、いつものように話が脱線し結局回答はどこかへ行ってしまうパターンで番組終了(笑)

ようやくリスナーからの質問に答えてくれる回となり、面白かったです。

いくつか質問がありました。

私も回答を知りたかった質問が、家系図を作るときに祖父が養子と判明した場合のさかのぼり方は?

「第27回家系図を作ろう前編」と「第28回家系図を作ろう後編」で、運気を上げるには家系図を作りご先祖様に感謝するという特集がありました。

その時は養子の場合については触れられていませんでしたね。

そういえばうちの祖父も婿養子だったな。。。

大王の回答は養子の場合でも、その血筋をさかのぼるべし。

ただ女系家族には、宇宙の法則的に意味があるとのこと。

もうその家系はこの代で終わりましょ、という意味らしいのです。

言われてみればうちは孫の代の私たちは女性が多いのと、男性がいてもさらにその子供は女性か、まだ未婚だったりと、終わりが見えてますわ

まぁ終わることが必ずしもネガティブな意味ではないのかもしれません。

どうせ終わるならカルマを清算し綺麗さっぱりといきたいものです。


あとは実践をしない限り人生は変わらない、と大王は熱く語っておられました。

ゼロ(0)からイチ(1)にすることが一番大変だけど、イチにしたらあとは数珠繋ぎで繋がってくる。

でもイチにするのが大変だからほとんどの人は途中で辞めちゃうんだよね。

愚鈍に愚直に実践するしかないんだよ。

やれば絶対なにか変わるから。

なにを繰り返すのか、なにを習慣にしていくのかがあなたの人生を変える。

だから、習慣にすることに気を配りましょう、と。


私も全捨離を習慣づけようと一年以上奮闘してきました。

結果、大王の仰る通り人生はさらに良い方向へと変わってきているのを実感してます。

これからも全捨離をやりつつ、新たなことも習慣づけ、もっともっと人生変えていこうと思います。




夜のツタンカーメンこんにちは

毎週楽しみにしている夜のツタンカーメン第161回1.26放送分がPodcastにUPされました。

先週に引き続き天井画絵師の「斎灯サトル」画伯がゲスト。

今週は櫻庭大王とサトル画伯の共通の師である小林正観さんの思い出話で盛り上がってました。

正観さんはたくさんの本を執筆されいるので、私もいくつか拝読しております。

わかりやすく、日常の自分の行動を反省したくなる言葉の数々に、折々で読み返しては戒めになってます。

例えば、

「自分以外の人を、自分の思い通りにするより、まるごと受け入れてしまう方が、人生はラクになる。」

なんでこの人こんなことするんだろうとイライラした時、この言葉を思い出します。

なんで、、、と自分が感じるのは相手が悪い、変えてほしいと思うから。

そーいう人だからしょうがないと諦めたほうが気持ちが楽なんですよね。

私の場合は特に仕事で実害や損害が出た時、明らかにミスや間違いなのに悪びれないどころか他の人に罪をなすりつける輩を見ると、猛烈にイライラしてました。

ただそういう人は、何度も同じことを繰り返す傾向にあります。

注意しても、またやるんです。

だから正観さんの言葉を知ってからというもの、イライラする前に諦めることにしました。

この人こういう人か、なら今後はできるだけ被害を受けないようにどうやって仕事を進めよう、という風に。

望まぬ人との接触を避けて通れないのが人生なんですよね。

それをいちいちイライラしたって相手は変わるわけもなく。。。。


というように、日常なにか心がどんよりするようなことがあれば、正観さんの本を読み返すと、スッキリします。

最近の戒めには

「自分自身の生き方や考え方、哲学や思想というものが、自分なりに確立できていれば、たとえ人からどのような評価を受けても、落ち込んだりはしないのです。

その代わり、人から高い評価を受けたり、誉められたりしても、有頂天になったり自惚れたりもしません。

人の評価によって自分の気分が変わる、ということ自 体が、「幼児性」の現れなのです。」


というのがガツンときました。

良い評価をもらうとつい気分が上がっちゃうのですが、それは「幼児性」と言われれば、その通りで反省ひとしお。

今回の放送を聞きながら正観さんの言葉を思い出し、まだまだな自分に気づかされたのでした。








今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



夜のツタンカーメンこんにちは

毎週楽しみにしている夜のツタンカーメン第160回1.19放送分がPodcastにUPされました。

今回は天井画絵師の「斎灯サトル」画伯がゲスト。

第72回(2016.5.13放送分)にもゲストで登場され、その時の話も面白かったですよ。

今回も64畳分の天井画を描くダイナミックなお話と共に、死ぬための遺書ではなく生きるための遺書を書いていると語っておられました。

以前は毎回作品の前に書かれたそうですが、いまは年に1回とのこと。

なぜ遺書を書いているのかといえば、「死に方がデザインされたら自然と生き方がデザインされる」から。

確かに

毎日生きているのが当たり前のように過ごしているけど、いつ終わりが来るかなんてわかりません。

だからといって、私はその終わりを想定して生きているわけでもない。

いつか終わると頭でわかっていても、実際にその場が来たらどうなるんだろう。

また、終わり方が安らかなのか壮絶なのか、事前準備ができるのかそうでないのか、その時がこないとわからないんですよね。

画伯によれば、遺書を書いたときはただありがとうと、恩返しの気持ちになれ、自分をよく見せようという欲がなくなりただ感謝しかない、そうです。

だから死ぬ準備のための遺書ではなく、今を大事に生きるためってことなんですね。


人生悩んでいる人は、どういう死に方をするかデザイン出来たら生き方の迷いがなくなりますよ、とも言っておられました。

遺書を実際に書いた時、もし恨みつらみしか書けないなら、その想いだけで今を生きている自分と向き合うことになる。

そこで生き方を考えるようになるはず、ということなんでしょう。


まだ遺書を書いたことはないものの、話を聞きながら私も人生が今日終わりだとしても感謝しかないなぁと思いました。

やってみたいこと、行ってみたいとこはまだまだあれど、平穏無事に過ごせる日々が多いことにただただ感謝です。

良い機会なんで仰々しく構えず、私も遺書を書いてみようっと。





今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



夜のツタンカーメンこんにちは

毎週楽しみにしている夜のツタンカーメン第159回1.12放送分がPodcastにUPされました。

脱線続きでなかなか終わらなかった大王の師匠のお話がついに完結

怒ったことを見たことがない、いつも笑顔にあふれ周りに人がたくさんいらしたというその師匠、素敵です。

こういう風になりたい、目指したいという方にめぐり会えるのは幸せですね。


私の場合、社会に出てまずびっくりしたのは、「なにこの人?大丈夫?こんな仕事っぷりして恥ずかしくないのか?」などと、今考えれば傲慢。

ですが当時はこうなりたくない大人ばっかりだな、と思ってました。

そんな中でもごく少数のお手本にしたい先輩を少しでも真似ようと、奮闘していた覚えがあります。

今もって微塵も追いついてございませんが・・・・

尊敬できる方にめぐり会える機会のほうが少ないな、というのが長年の思いでした。

しかしそれも最近変わりつつあります。

出会う人を引き寄せるのは自分、なにこの人?と感じるような出会いを引き寄せたのは自分、それが嫌なら出会う人すべての良いところを見つけようと。

そう気持ちが変わってから特別誰かを崇めたりせず、意見や考えが合わない人でも何かしら学べるところを探し、自分にそれを吸収できるよう務めました。

そうしたら衝突もしなくなり、穏やかに仕事ができ、なにより信頼されることが増えたのでとても楽ちんです。

新人のころからその心持だったら、人生もっと変わってただろうなぁ。。。。

なんて思いますが、失敗しないとわからないのがまた人生。

仕事を通じてたくさんの方に出会い、その方々に良くも悪くも成長の機会をいただき、ありがたいです。

やっぱり働くの好きだな。

ただ、もっともっと形態や場所に囚われない働き方がしたい。

などと、今年は働き方について変化がほしい願望がムクムクと湧き上がってきております。

さて、今回の番組では新しいことにチャレンジしたいが、何をしたらいいかわからない場合、「新しいことを見つける」と決意すること。

毎日40個は宇宙からサインが送られてくるから、まずはそう決意してアンテナを立てれば見つかりやすいとも教えてくれました。

これを聞いて今回決めました。

「形態や場所に囚われず、ますます楽しんで仕事をする」と。

決めたら宇宙からサインが来るはず

子宮マッサージでキャッチしやすくし、未来を開こう





↑このページのトップヘ