全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

クローゼット

こんにちは

1ヵ月以上使用していなモノに殺気を放たれないよう、家の隅々をチェックしていたら、昔の給与明細が出てきました。

今はオンライン化され専用のサイトにアクセスし必要ならPDF保存が多いけど、昔は毎月紙でもらってましたね。

新卒当初の明細から取ってあったから、結構な量です。

なんで取って置いたかと言えば、年金受け取るときに実際の支払った額が換算されていないとか、問題が起こった時に確認するため。

みたいなことを友達が言ったのを聞いて、「へぇーそんな将来のためのこと考えているんだ、すご~い」と真似してみました


全捨離大王によれば、邪気は紙モノがお好き。


将来のために保存してある大量の給与明細用紙とは言え、邪気に常駐されたら・・・

生きて受給できるかわからない年金より、今日の開運のほうが大事よね。

ってことで、処分することに。

日々開運し年金額を気にしないでも楽しく過ごせる老後になればいいんだし

ゼロになったわけではないけど、明細を処分しながら不安ともだいぶサヨナラできました。


気持ちがまた少し軽くなり、全捨離効果を実感してます。








今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

gahag-0061525440-1こんにちは

衣替えの季節がやってきましたね。

でも私はもう、衣替えは卒業しました~

というのも全捨離的には、1ケ月以上着ない服は処分しちゃうから衣替えで入れ替える服はないんです。

買い替えだけです。

おかげでクリーニング費もたいして発生しなくなりました。

毎シーズン季節の服をクローゼットに出し、着ない服をタンスにしまうをやっていた頃より服を買わなくなりました。

着られるものは繰り返し徹底的に着る。

着なくなる時は感謝と共に、いつものリサイクルショップへ旅立ってもらう。

1ケ月以上着なくなる時が旅立たせる時、と基準は明確なので、

こうなると着られる期間に限りがあるから、それを考え心理的に大量に買えなくなるもんですね。

節約しようとしてこれをやると、欲しいのに我慢する状態になるかも。

でも1ケ月以上着ない場合はさようなら!となると、終わりが見えているだけにかわいそうになってきます。

増やすより、今あるものを大事に使いたくなってくるから不思議・・・

私には断捨離より全捨離のほうがしっくりきたのは、この期限が明確、ってところ。

期限があるから、それまで使わせてもらうことに感謝が湧き、より大事に使うようになりました。



いつも紹介しているこちらの本にもこんな一文があります。

モノは1ケ月触られないと、私たちの気を衰退させる「衰期」を放ち始めます。

なぜならモノには魂があるからです。

使われない、つまり大切にしてもらえないモノは、1ケ月以上使われないと持ち主にジェラシーを放ち、次第に「殺気」を放つようになります。



3つある気「旺気」「衰期」「殺気」のうち、「旺気」が放たれているモノだけが家にあるようにする。

そのためには、この1ケ月ルールって大事ですね。

すべてこれを基準に部屋を整えれば、誰でも開運ルームにできますもの。

それでももったない根性が出て処分に迷うときは、「運を取るか、もったいないを取るかどちらかです」という大王のお言葉を思い出します。

始めはもったいないが勝っていたけど、やり続けるうちに運を選択に気持ちが傾いてきました。



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



ミニマリストクローゼットこんにちは

今日はバッグについて悩んだことをあれこれと。。。


バッグも靴も大好きで、いいなと思ったものは片っ端から欲しい派だったんですが、バッグに関しては年齢と共に重たいものを避けるようになってきちゃいました

いくらかっこよくても、「あっ、おもたー、パス」と、見た目で惹かれても手にした途端即サヨナラ。

軽いのがいい、
かさばらないのがいい、
洗えるのがいい、
おしゃれなのがいい
汚れたときは買い替えるから、一生ものは必要なし

で、行き着いたのが「ロンシャン」か「エルベシャプリエ」。

どちらも試してみたところ、「ロンシャン」のほうが広げた時の底の幅が短く、持った時に体に当たらりません。

「エルベシャプリエ」のほうが見た目かわいいけど、底が幅広です。


なので、写真のように「ロンシャン」のプリアージュをメインに現在6個持ってます。

お弁当ないときはS、作ったときはMがサイズがちょうどいい。

明るい色、ダークな色のどちらもあるから、その日の気分やコーディネートに合わせられます。

数としてはもう少し減らせますが、あまり減らしすぎて心の潤いがなくなってもなぁ。

このくらいが今のところちょうどいいかな。

職場が服装自由なんで、基本毎日ジーンズ。

ジーンズ、大人カジュアルなトップス、ヒールなしパンプス、ロンシャンバッグというスタイルですね。

テイストとしてフレンチ系なブランドが好き


3年くらい前にバッグはロンシャンと決めてからは、お店で他のバッグを見ても目移りしなくなりました。

決めるとラクです。

収納もスペースを取らないので良いですわ。

お値段もお手頃。


先頭の写真にあるバッグを下げているダイソーのこのフックが優秀で、バッグをかけている側のフックは360度回転するんですよ。

普通のS字フックでは洋服と平行に並べられないから、逆S字フックを探していたんですね。

そうしたら逆(90度)どころか360度回転

おかげでクローゼットにこうして洋服と並行して収納できます。


また、バッグは1年に1個、買い替えるくらいがちょうど良いペース。

必要個数、買い替え時期が明確になるとグンと節約にもなりますね。

もし、かっこいいバッグを持ったほうがいいところにお出かけする場合は、レンタルするつもり。

最近、ハイクラスなブランドバッグや時計をレンタルしてくれるサービスが増えましたしね。

だから「一生もの」という考え方も捨離ってしまいました。




今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんにちは


今日はアクセサリーを処分した時のお話です。

年明けからどんどんお洋服を処分しまくっていた頃、アクセサリーをどう処分したらいいか少し悩みました。

貴金属ではない、プチプラで買ったものは洋服と一緒に近所のリサイクルショップへ持ち込めば10円でも引き取ってくれます。

この他にシルバーのが多く、これはもう少し高値で買い取ってくれるところないかな。


そういうとこってどこだろう??

特にブランドものでもなく、海外土産でもらったのが多かったんですね。

ネットで検索したら「なんぼや」さんという買取屋さんがあったので、直接行って聞いてみることに。。。


店内は高級感漂う雰囲気で入ってすぐにビビったんですけど、感じの良い店長さんがすぐにどうぞどうぞと査定のお部屋に案内してくれ、引くに引けず

こんなんですけどぉ
どうでしょうか、、、、

とおそるおそるアクセサリ類を差し出したら即座に査定してくれました。

シルバー925と刻印が消えたのか、もともとないのか、そこはよくわからないものまでシルバーとして扱ってくれ値を付けてくれたのです。

指輪やブレスレットなど合計15個で3,000円な~り。

高いか安いかは正直わかりません。

でもいつものリサイクルショップよりは高値だと思うので大満足

金やプラチナなら比較的ネット検索でもおおよその金額は見当がつきますが、ブランドでもないシルバーとなると相場はよくわかりませんね。


お洋服を処分するときにも感じたのは無駄使いをしてしまった、使えるのにゴミにしてしまうのはもったいない、という「罪悪感」。

運を上げるためとは言え、ゴミとして出すにはすごく抵抗がありました。

だからと言って一つずつオークションに出しても売れるまでに時間がかかりそう。

できるだけ早く使わなくなったものは手放して運気を上げたいとなると、すぐに査定して売れるところで売ったほうがいい。

ということで、アクセサリーもまとめて処分できてスッキリしました。

これを機会に本当に気に入ったものだけ数少なく使うようにしていきます。


どのくらいの数が適当なのか、まだよくわかってないんですが。。。(汗)

下着のように確実に毎日使うものは数を決めやすい。

けどアクセサリーって絶対ないといけないものでもないから、どうしようかな。

と、まだ決めかねております。

良いアイデアありましたらぜひ教えていただきたい


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんにちは


タンス前回ご紹介した開運クローゼットにするために、私が困ったのはこれまで使っていたタンスの処分。

ワンシーズンしかクローゼットに置いておく必要がなくなり、タンスが要らなくなったのです。


さて、家具の処分方法はいくつかあるかと思います。

一番お安く済ませるなら、住んでいる市町村の処分方法に沿って粗大ごみとして引き取ってもらうとか、処分場に車で運んで持ち込むことでしょうか。

私の場合、車はないしゴミ置き場までタンスを一人で運ぶのができず、この方法は真っ先に除外

ネット検索で玄関先まで引き取りに来てもらえる業者を探すも、最低6,000円~の見積もりです。


マジか高いぞ。


タンス自体が1万くらいで買った安いやつなのに、処分が6,000円って悲しい~


そこで、困ったときのアプリ頼みですわ。

ジモティーPCでもandroidやiOS端末でも見られる「ジモティー」に助けてもらいました

掲示板がネット上になったやつですね。

このジモティーで住んでいるエリア内に家具の引き取りをしてくれそうな人を検索、メッセージを送ってみたら、、、、な、なんと500円で来てくれるって。


すごくないですか


6,000円が500円に値下がったのも、日々の開運活動のおかげかもしれません(笑)

実はタンスは2つあって、いっぺんではなく1つずつ別の日に引き取ってもらいたかったのですが、これもOKとのこと。

市の回収費よりも安いし、玄関先まで来てもらえるとあってここは気前よく2回とも1,000円ずつお支払いさせていただきました。


断捨離にしても全捨離にしても、大型ゴミを処分するのは大変ですね。

買うのは簡単なのに~。

でも探せばなんとか処分方法は複数あるんだとわかり、勉強になりました。

これで次の引っ越し時は、ますます楽になること間違いなし。

長らくタンスを使うことに慣れ、ここにしまい込む習慣が染みついていたけど、その習慣ともおさらばできました。

やっぱり捨てなきゃ良かったと後悔するかなぁ、、、、と少し心配だったけど全然感じることないです。

むしろ掃除は楽になり、片づけるものが減ったおかげで時間もかからず。

ものすごく気分が爽快になり、その爽快感が持続してます。


どこに引っ越ししても、これからずーっと造りつけの棚やクローゼットに収まる程度の所有物に留めておこうと決めました。

今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



↑このページのトップヘ