全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

寝室

こんにちは

朝晩、だいぶ肌寒くなりましたね。

まだタオルケット1枚で眠ってますが、そろそろお布団を・・・

今年も楽天で軽いのを買いました。

シングルサイズだと1.7キロと軽く、そして暖か、かつ丸洗いできリーズナブル。

布団色も選べるから、かけ布団カバーをせずこのまま使います。

毎年これを買い替えるスタイルに変えて3年目。

シーズン終わると圧縮袋に入れて保存していた頃より、清潔でいいなと思う。

IMG_0348今ではシーズン終われば配送されてきたときの袋に入れて、サヨウナラ。

冬支度はこの布団の購入ボタンをポチっとするだけ。

あとは毎冬用の小型ヒーターを出せば終了、っと。

服も買うか、処分するかでしまっておかない。

クローゼットにかかってるだけを着回しする。

だから季節の変わり目の準備に時間がいらなくなりました。

もちろんそういった準備が好きで、そこに季節を感じられる方も大勢いらっしゃるでしょう。

私は面倒に感じるタチで、その時間は本を読んだり映画を見るほうが好き。


やりたくないことはしない。

やりたくないことでもやらないといけないことは、最低限やる。

のスタイルに変えてからというのも、また一段とストレスが減りました。

やりたくないことをしないようにするために、を考えるとそもそもモノは少ないほうがいい、となるんです。

そしてモノが少なく済めば浪費は抑えられ、消費も最低限になるから、節約につながる。

これが節約を目標にしたらストレスになるでしょうね。

でもやりたくないことをしないように心がけると、結果節約になる。

ということは、自分の心に素直に従うほうが、人生うまくいくってことだよね

と、都合よく解釈し、今日もご機嫌でまいりましょう~。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから

こんにちは

先日の良品週間とは別に、期間限定価格でMUJIでタオルケットが1,000円引きになってました。

全捨離して以降、シーツや布団類は1年に1回の交換です。

ちょうど昨年も夏ごろに替えたのを思い出し、限定価格もあって新しいのをお買い上げ。

タオルケットもピンキリですねぇ。

デパートで見ると生地が厚くしっかりした感じ。

でも私は生地の薄い安いタオルがそのままが大きくなったような質感が好き。

子供のころからタオルケットがないと熟睡できないから、質感が好みのタオルケットを見つけられるかってすごい大事なのです。

MUJIはその点ピッタリで、色もシンプル。

ニトリかホームセンターでも質感は良いが、柄があったり色が派手だったり。。。


そんな薄い生地のタオルケットは1年使うとちょうどパイルがピンピン飛び出て、少しみずぼらしくなります。

使い心地としてはそのくらいから、少しヘタれてくると一層柔らかくなり気持ちいい。

子供時代は生地が裂けてきたのを縫ってまで使ってたくらい。

もう替えろと怒られてもヘタばってきたタオルケットにくるまれて眠る気持ちよさは、私には極上でした。

でも開運を心掛けている身としては、1年たったら交換しなくては・・・


IMG_0215今年のMUJIタオルケットも昨年と同じベージュのを選んだけれど、昨年の色合いと若干違うかな。

写真左が昨年の、右が今年の。

洗濯を重ねたとはいえ、それでも少し違うよね?

シーツもMUJIの綿でベージュ。

そのシーツと色が合うようになったっぽい。

しかも商品に「薄手」と付いているくらい薄いよ、ペラペラだよ。

これならどこかに長期滞在する場合は持ち運ぶよ。

ものすごく好きな質感だよ。

ちなみに「薄手」が名前についてないタオルケットもあります。

もう少し厚手がお好みならこちらを選ばれると良いでしょう。

種類が増えて質感を選べるようになったのは素敵。

たまに寝具売り場をのぞくと地味にアップデートしてますね。


さぁこれでこの夏も柔らかいタオルケットにくるまって、暑さに負けずぐっすり眠ろう。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんにちは

お祭りのような雰囲気で令和元年が始まりましたね~

近所のスーパーですら特別企画と、なにやらお得なギフトカードや米や肉を売り出しておりました。

連休中は全国的にきっとものすごい経済効果なんだろうなぁ。

でも世のミニマリスト様方は、雰囲気に惑わされることなく普段通りのお買い物でしょう。

そう、断捨離でも全捨離でもモノを減らすと世間の雰囲気に飲まれすぎない。

自分なりの買い物に対する判断軸が築ける、という最大の効果が見込まれます。

他人の目を気にしたり、他人からの評価が気になる自分を好きになれないというかたこそ、身の回りからミニマムにしてはいかがでしょうか。

きっとベールのようにうっすらと膜が張っていた他人からの視線が、崩れ去っていくのを感じられると思います。


さて、ここ数年毎年この時期からユニクロで発売されるリラコ

当初はコットンがあったのにレーヨンしかなくなりがっかりでした。

が、今年はコットンが復活

うれしい

暑い時期の家着&寝間着にぴったり。

69_413536いつも通りレーヨンが多いのだけど、「カマワヌ」シリーズという名で和柄が8つコットンタイプで発売になってましたよー。

てぬぐい専門店とのコラボのようです。

お店で見たらどの柄も素敵で選ぶのに迷ってまだ決められず。

写真のトマトナツヤサイに惹かれるなぁ。

普段、柄は着ないから夏くらい家で思い切り派手でもいいかしら。

01_417156単なる柄ではなく、てぬぐい専門店とのコラボってのがまたいいね。

ホント、定番品を少しずつ改良してくれるからありがたい。

お値段はレーヨンのと同じで990円。

店頭に行かれる際はぜひぜひチェックを!

和柄好きにはたまりません。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

あなたのクリック応援でランキングUPよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんにちは

以前もご紹介したことのあるKeikoさんによれば、運は寝ている間に作られる

だから睡眠に関わるモノは最長でも、1年で交換をしたほうがいいそうです。

私は今の住まいに押し入れがないためベッドですが、足つきマットレスとは言えそれを1年で交換は、まだできておらず・・・

3年くらいは使いたいなぁ。

その他のものは1年単位で交換でイケますけどねぇ。

IMG_0027今年の交換のために、先日もMUJIでシーツ類を買ってきました。

生地の種類がいくつかあって、コットンでも柔らかいジャージー素材で伸びるタイプ、密度の高いシャリシャリしたタイプ、クタっとした柔らかいタイプがあります。

色々試すも、結局戻るのがクタっとしたタイプ。

自分にはこれが落ち着きます。


IMG_0251昨年買ったのは色が少し濃かったかな。

今年はいつものベージュに戻りました。

枚数は昨年同様シーツと枕カバーが2つずつ。

ただしょっちゅう洗濯しているから、1年も経つと生地がヨレヨレっとしますね。

そこで、これからはシーツと枕カバーは半年に1回の交換にしようかな、と。

直接肌に触れるものだし、そうお高いものでもないので開運のためには投資しよう。

あとは枕とタオルケットも交換しておかないといけない。

これは1年に1回でいいかな。

暑がりなので、冬でも毛布は使わず。

夜中に発熱し自分の熱で暑くて起きないよう、私の場合は冬の暑さ対策が重要。

10月にタオルケットの上にかける薄い布団を買ったら、3月まで使ってサヨウナラしちゃいます。



とまぁ、全捨離後は何かと交換するモノとその時期についてアレコレ検証しとります。

無理なくできる範囲で、ですけどね。

ただ、確実に運は上がっている気がします。

宝くじが当たるとかいう類じゃなく、トラブルに巻き込まれない感じ。

何か巻き込まれても、すぐに解放されちゃいます。

自分の意識が変わったのもあるでしょう。

それにプラスして守られている感じがします。

だから、無意識にモノを交換するよりは意識的にしたほうがいいなと実感中。

決めたらそれに従えば、アレコレ余計なこと考えずに済みますしね。

余計なことを考えなければ、自分の望む未来のイメージを頭の中で映像化する時間が増え、それを引き寄せる日も近くなるだろう、と思います。

日常のドラマに捉われず心穏やかに、考えるよりは未来のイメージを思い描く時間を増やす。

こんな風に、毎日を少しずつ変えつつありま~す。



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんばんは

昨年は全捨離の第1段階である床面積を拡げるに注力し、家具など大物処分にまい進してきました。

お陰で造り付けの収納スペースに全部のモノが収まりかなりスッキリ。

そこで今年はその収納スペースを見直す第2段階に入ろうと思います。

第1段階の完了だけでも次の引っ越しは楽でしょう。

段ボールにつめるモノが少ないから、引っ越し前日にやっても間に合うかな。

でも段ボールにつめるモノを見れば、クローゼットの棚にある季節家電、キッチン収納の皿や鍋、洗面台収納の洗剤など、細かいのがけっこうあります。

必需品もあるから処分できない場合もありますが、量を減らすなど少しでも次の引っ越しを楽にしたいなぁ。

どこへいくのもスーツケース1つで移動、というのが理想なんですが・・・

まぁ、また休みの度に無理ないペースでやっていくので、今年の終わりにはさらにスッキリした感じになるのが目下の目標です。

ミニマリスト処分さて、そんな今年のサヨウナラのトップバッターはこちら。

「ふとん乾燥機」

Panasonicじゃないよ、まだNational製。

ということはいったいいつ買った?と裏を見てびっくり

「98年製」じゃ~ん。もう20年前か。

まだ全然使えるけど。

買った当初は布団だったからよく使ってました。

10年前くらいからベッドにしたから、あんまり使わなくなったな。

洗濯ものが乾きにくいときも昔は活躍してくれたっけな~。

今はバルコニーが広く軒が長いから雨に濡れず、洗濯ものは良く乾いてくれます。

近所に綺麗なコインランドリーもできたから、あんまり雨が続くならそこに行けばいい。

ということでサヨウナラを決めました。

問題は方法です。

使えるモノを手放す時、罪悪感が生じますね。

うーん、どうしようとしばらく考えたらポンとひらめきました。

近所の友達のAちゃんに聞いてみよう、小さい子供がいるから洗濯もの多いだろうし、お布団派だったはず。

と、早速もらってくれるか聞いてみたら「もらう!」と即答

翌日一緒にランチをして楽しい時間を過ごせ、かつ布団乾燥機をもらってもらいました。

めでたし、めでたし。

Aちゃんありがとう




↑このページのトップヘ