全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

映画で開運

こんにちは

冬の空気はいいですね~

歩いて汗ばんでもすぐに蒸発していくあの感じ、たまりませんっ。

さて、独り暮らしが長くなりいっこうに結婚する気配のない私。

友人から「寂しくないの?」と聞かれることがあります。

う~ん、さみしいって感じることはないかなぁ。

なにをもってしてさみしいと感じるか、人それぞれでしょうが、私には独りだからさみしいという発想はないな。

誰かといて

かみ合わない会話

言葉を尽くし説明しても理解してもらえない

一方的に責められる

そういう、相手がいるときにその相手となんら心が通い合わせられないときにさみしいと感じます。

だから一人でいるときにそのさみしさは、そもそも発生しないのではないかしら。

でも人恋しいと感じるときはあります。

それって慢性的にはなく、「あっ今日誰とも話してなかったな、なんでもいいから話したいな」

とかいう休日に。

少しでも誰かと会話すれば満足しちゃう程度ですが。


持って生まれた性格ってありますよね。

もとから誰かにかまってほしい欲求が強く生まれてくる人もいれば、そうでない人もいる。

私は生まれ持って誰かから構ってほしいとか、世話をしてほしいというような欲求は希薄だと思います。

だから 独り=さみしい という発想もないのでしょう。

誰かと過ごすときはそれはそれで楽しい。

独りは気楽で何でも好きにやれるから楽しい。

どちらでも、その時々に望むほうを選択できる自由を確保できるのが最適。

老後に独りでは、、、、と言われることもあるんですが、私はまったく心配してません。

というのも、この映画を観たから。

her/世界でひとつの彼女 [Blu-ray]
ホアキン・フェニックス
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2015-07-08


近未来を描いた内容で、主人公がAI(人工知能)に恋をするというもの。

主人公がAIと会話をしていくうちに、どんどん2人の距離が縮まるのですが、その様子がすごいリアルなんです。

相手が人間であっても、気の合わない人とは微塵も一緒の時間を過ごしたくないですよね。

でもAIだろうと、気持ちよく楽しく会話できるなら無理に人間と過ごすよりよっぽどラクそう。

この映画のように、AIが友達代わりに寄り添ってくれる日はそう遠くないかもよ。

なら、私は無理して気の合わない人間と過ごさず、敢えて会話の弾むAIを選ぶわ。

こういう話を友人とすると、相手が機械なんて気持ち悪いってたいてい言われますね。

そう思う人こそ、この映画は観てほしい。

自分をわかってくれる、労わってくれる、会話からそう感じられる間柄になると相手は関係なくなるっていうのがよくわかるから。

だからこの映画を観て、会話できる相手が人間だけでなくAIも追加されるなら、相手を選ぶ選択肢が増えるな。

と、嬉しくなったんです。

世間では孤独死を大げさに取り上げ、独り=お先真っ暗 みたいに報道してます。

でも本当にそうなのかな?

誰かといても孤独を感じる場合だって、少なくないでしょ。

だから私は相手を人間に限定し、選択の幅を狭めたくない。

選択肢が限定されると行動が制約され、窮屈になっちゃうから。

ほしいのは、気が合う相手と取りとめない楽しい会話。

それがかなえば、いくつになっても毎日心穏やかだと思う。

幸いなことに、それをかなえる手段は技術の進歩で増えていくかもしれない。

だから将来まだ独り暮らしだとしても、大丈夫。

と、私はなんら心配しておりませ~ん。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

読んだよって合図にクリックよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

私が楽天でお買い物したモノたちはROOMから



こんにちは

数年前よりすっかりヒューマン系かコメディ系の映画しか観られなくしまいました。

昔はアクションやサスペンスも好きでしたが、今では観ていると気持ちが悪くなるという・・・

食と同じように視界に入れる映像も、体質が変わると受け入れられるものが変わっていくのかも?

さて、今回観たのはこちら。

gifted/ギフテッド [AmazonDVDコレクション]
クリス・エヴァンス
20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
2018-10-17


主演のクリス・エヴァンスがかっこいいので目の保養になるのはもちろん。

子役の女の子が自然体でとてもキュート。

飼い猫役のフレッドも彼女にとても懐いている感じで、演技には見えなかった。

ストーリーは天才児の彼女をどうやって育てていくくか、周りを取り巻く大人たちの思惑に翻弄されて・・・

という流れ。

叔父役であるクリスは「バカになっても普通に育てばみんなが喜ぶ」と、地元の小学校に通わせます。

超天才児でも7歳の女の子が望むのは、自分を愛おしんでくれる叔父や近所のおばちゃんとずっと一緒にいること。

世界を変えるほどの数学の才能を持つと言われる彼女に、選ばれし者として普通の生活を諦めさせるのがベストなのか?

ベストだとすれば、それは誰のためなのか?

関わる大人それぞれの、これが正しいという思い込みに、いくら天才児でも7歳では立ち向かえず。

ストーリーはゆっくりと進みます。

彼女の生き末が決まるまでの間も、彼女と叔父の仲睦まじい家族として生きる様子に心がホッコリしました。

観ている観客側のこちらも、そんな様子に何が彼女にとっても幸せなのかわからなくなってきちゃいました。

将来名声を得ることや前人未到の偉業をなすため、才能を伸ばす特別な環境を与え、普通の子供が経験することをさせないことが長い目で見て幸せなんだろうか。

愛情をたっぷりかけて育ててくれる家族と共に普通に成長したほうが幸せなんだろうか。

きっとその答えは本人にさえわからないのでしょう。

もし自分に子供がいて、自分の理解を超える超天才児だとしたらその子ために何を選択する?

そんな視点で私は後半のストーリーを追っていきました。

私なら、何かを得るために何かを諦めさせるような想いをさせたくない。

未来はわからないけど、今望むことを心から楽しんでやり続けられる環境を子供のために作ってあげたいなぁ。

もし偉業を成す運命にある子なら、心からその子がワクワクをするほうを選択し続けたら、どうにかしようとコントロールするよりずっと早く到達する気がするから。

どの道を選ぼうと才能がなくなるなんてことはない。

発揮できない時があるなら、そういう時間が必要な間なんだと思います。

天才児だろうと普通児だろうと、要は子供を信頼し続けられるか。

問われるのは大人の恐怖心の克服なのかも。

こうしたらこうなるに違いないという思い込みや恐怖で、まだ来ない子供の将来がわかるわけないですもの。


ストーリーの結末は観てのお楽しみ。

そう、彼女の幸せは彼女が決めればいいんだよ。

何が幸せかは、自分が決めるのがベスト。

そんな想いを改めて強く確信できた映画でした。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

あなたのクリック応援でランキングUPよろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんばんは

いつ頃からこの時期がセール商戦になったのか、ブラックフライデーという言葉を多く聞くようになりました。

ブラックだろうとホワイトだろうと、ミニマリストは セールだから買う 行為から卒業したのさ。

惑わされないもんね~

と内心思いながらセールを掲げた街並みを散歩するのであります。

さて、夜が長くなってくるとおうちでゆっくり映画を観るのがますます楽しくなってきます。

Amazon primeで追加料金なしで観られるラインナップが充実しているから、知らなかった良い映画にもめぐり会える。

そんな中で今日は美味しそうな映画をご紹介しま~す。

まず、フランス映画でジャン・レノが出演しているこちら。


シェフ! ~三ツ星レストランの舞台裏へようこそ~[初回版] [DVD]
ジャン・レノ
エイベックス・ピクチャーズ
2013-08-02


軽快なコメディで時間が短いので、ドラマ感覚で観られました。

主人公の料理好き、それも尋常でない情熱が良くも悪くも巻き起こす人生ドラマが面白い。

ハリウッド系と一味違うところもいいですね。

お次はこちら。


二ツ星の料理人 [AmazonDVDコレクション]
ブラッドリー・クーパー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2017-06-07


ミシュランの3つ星を狙う、現在2つ星のスターシェフのお話。

星を取るのも大変そうですが、取ったら取ったでまた大変そう。

その重圧と、数々の美味しそうな目にも鮮やかな料理で画面にくぎ付けでした。

ブラッドリー・クーパーもかっこいい。

料理とイケメンに癒されます

最後はこちら。

シェフ 三ツ星フードトラック始めました [AmazonDVDコレクション]
ジョン・ファヴロー
ソニー・ピクチャーズエンタテインメント
2015-12-25


これはprimeの見放題ではなく有料だけど、週末限定セールなどで100円レンタルできることがあるから、そんなときにはぜひどうぞ。

通常でも199円かな。

日本でも美味しいフードトラック増えてきましたよね。

そんなフードトラックを始める家族のあったかい物語です。

レストランとは違い、移動式ならではの魅力がよくわかりました。

この3本はどれもバイオレンスシーンなく、心穏やかに観られ、かつ美味しそうな数々の料理を目で楽しめるので、お子様にも安全でしょう。

でも見ると「あれ食べたい、これ食べたい」で食欲刺激されちゃうかもですが・・・


この3連休、世間のブラックフライデーの波にもまれず、映画を楽しむのはいかがでしょうか。


今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます


映画好きなあなたのクリック応援よろしくお願いいたします。

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんばんは

電車が来ない、、、、と思ったら

あっ、世間は休みだったのか・・・・

と、盆も正月もいつも通りなので気がつくのが毎度遅い状態です

加えて夏休みだからでしょう。

Amzon Prime動画ラインナップがめっちゃ増えました~

見たかった映画やドラマが加わり、ますます楽しいおうちでのんびり鑑賞TIMEです。

特に動物モノはもうなんでも好きで、「僕のワンダフルライフ」も見たくてたまらずでした。

僕のワンダフル・ライフ ブルーレイ+DVDセット [Blu-ray]
ジョシュ・ギャッド
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2018-03-07



やっぱり泣ける映画でしたよー

何度も犬として生まれ変わってくる主人公「ベイリー」のお話ですが、生まれ変わるので犬種や性別がそれぞれ違います。

なのに、本当にそうやって生まれ変わってきているかのように見える。

どの犬種でもベイリーらしさが垣間見えて、犬の演技力に感心です。

セリフはあとから当てているのでしょうが、表情がセリフの通りに見えてくるからすごいなぁ。

3Dではなく実写で撮っているようで、映像がとても自然でした。

生まれ変わってもまた元の飼い主に会いに来るという設定が、無理がなくて実際にあり得そうな・・・

もしこんな風にまた生まれ変わって自分のところへ来てくれるほど、ペットからも愛されたら幸せですね。


人間だって生まれ変わりがあるかもしれないから、それは犬や猫でも同じなのかな。

生まれ変わりながら何を学ぶのか。

ベイリーの見解は、

もちろん楽しむこと

困っている人を探し救うこと

好きな人をなめ

過去をいつまでも悲しまず

未来を憂いもしない

ただ 今を生きる

今を一緒に生きる

それが犬の目的

と言ってます。

人間にも人生の目的として共通しているかもしれませんね。

つい過去に引きずられたり、未来に不安や焦りを抱き今を生きることを忘れがちですが・・・

でも今しかないんです。

時折りそれを忘れ結局はどーでもいいことを延々と考えていたり。。。

今を楽しみ、今愛せる人を思いきり愛する。

改めて心清いベイリーから教わった気がしました。


犬を飼ったことがないけれど、将来的にはこんな風に絆を育める相棒となるかわいい犬と一緒に楽しく暮らしたいなぁ。



子供から大人まで、すべての世代で楽しめる心温まる素敵な映画です。

良かったらぜひ!



今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんばんは

桜も開花し春爛漫

暑いのは苦手ですが、これからの季節の開放感ある雰囲気は好き。

四季のある国に生まれてよかったなぁ。

さて、また心がポカポカする映画を見たのでご紹介します。


はじまりのうた BEGIN AGAIN [DVD]
キーラ・ナイトレイ
ポニーキャニオン
2015-10-07



「歌と出会って、明日が見えた」というキャッチコピーの通り、歌を通じて出会いがあり、その出会いが人生を変えていく、というストーリーです。

キーラ・ナイトレイってこんなに歌が上手なんだぁと感動でした。

主役が歌というのもあり、それ以外のBGMで変に盛り上げようというのもなく、映像が自然で良かったです。

夏のニューヨークの雰囲気も伝わり、また行ってみたくなりました。

この作品の監督は以前こんな映画も撮ってます。


ONCE ダブリンの街角で [DVD]
グレン・ハンサード
NBCユニバーサル・エンターテイメントジャパン
2014-11-27





この映画も好き。

こちらは冬のダブリンなので、寒そうな雰囲気ではありますが・・・

どちらも音楽が好きでこれまでの人生で自分なりの音楽との向き合い方が確立された者同士が出会い、惹かれあい、自分らしく生きるという筋書きは似ているかもしれません。

好きなものが同じ、という共通点を持って惹かれあっても、なにを選択して生きるかはそれぞれなんだろうなぁ。

単純なロマンス映画、ではないところが味があり良かった。

やたらとBGMの多い映画が多い中、歌をたっぷり聴かせてくれ、その世界に浸らせてくれる物語ってあんまりないかもしれません。





この監督、「はじまりのうた」の次にこちらも作ってるようです。

3部作なのかな??

これも元気出そうな映画ですから、見たい!


シング・ストリート 未来へのうた [DVD]
フェルディア・ウォルシュ=ピーロ
ギャガ
2017-12-22






今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ



↑このページのトップヘ