全捨離して開運したら人生変わった

全捨離してますます開運したい。全捨離したらどうなるのか、やりながら体感しているミニマリストライフ、開運情報などをゆる~くお伝えしてまいります。

映画で開運

こんばんは


LION/ライオン ~25年目のただいま~ [DVD]
デヴ・パテル
ギャガ
2017-10-03



昨年アカデミー賞作品賞にノミネートされた「LION」をやっと見ることができました。

「スラムドッグ$ミリオネア」に出演していた少年がすっかり青年になって、親戚の子の成長を眩しく見ているような感覚に・・・

良い役者さんになったのね。。。

「スラムドッグ$ミリオネア」は何度見ても泣けるし最後のボリウッドダンスは楽しくて、大好きな映画の一つです。

スラムドッグ$ミリオネア [DVD]
デーブ・パテル
メディアファクトリー
2009-10-23


さて、この「LION」は実話がベースの物語。

インドの田舎町で迷子になった5歳の男の子が回送電車で1600キロも離れたカルカッタに流れ着き、そこで孤児院へ。

今度は孤児院からオーストラリアのタスマニアに住む夫婦に養子に迎えられ、何不自由なく幸せな生活を手に入れます。

しかし大学で出会ったインドの留学生との交流で、生き別れた兄やお母さん、妹との断片的な思い出が蘇ります。

そこから彼の故郷を探す旅が始まるのですが、旅と言ってもそこは現代。

飛行機に乗ってインドに渡り、あちこちを。。。じゃないんです。

Google Earthで探す方法がとっても秀逸。

それでも5歳当時の曖昧な記憶を頼りにですから、探し出すのに5年を費やすという壮大な旅でした。

彼のその情熱も素晴らしいのですが、養母の愛の深さが素晴らしく、私はこの養母の懐の深さに感動して猛烈に泣けました。

なぜ養母がインドからわざわざ養子を迎い入れたのか。

その理由に泣けるんです。

なんと確固たる信念と揺るぎない自信と深い愛なのだろうと。

ネタばれしては難なんので、そこは実際に見ていただきたいです。

本当の家族と離れ離れになってしまった彼は不運だったけど、迷子にならなければ養母・父に出会うこともなかったでしょう。

実母にも養母・父にも深い愛情をもらえた彼は、とても幸運なのでは、、、、

万事塞翁が馬と言いますが、彼の人生がまさに

まだまだ若いですからきっとこれからも色んなことが待ち受けているでしょうが、こうして映画にもなった彼には、なにか大きな使命があるのかもしれません。




そうそう、なんでタイトルがLION?と思ったら、それも最後に理由がちゃんとわかりました。

なにせ5歳児の記憶ですから、地名も名前も覚えている単語そのものが正確ではない。

自分の苗字、住んでいた県名もわからない。

それなのにあんな広いインドのどこで自分が迷子になったか探し出せたというのが本当に奇跡だわ。

Google Earthもすごいけど、なにかもっと大きな力が働いたんだろうなぁ。


実話な分、感動もひとしおな映画でした。





今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

こんばんは

ますます寒さ厳しく、休日でもお散歩に出かけるのが億劫に・・・

運動不足解消になんとか続けているものの、体調のすぐれない時は無理に出かけず、おうちでヌクヌクと映画を見るのが好き。

Amzon Prime会員なんで、年会費で見られる映画やドラマはた~くさんあります。

若い頃はアクションやサスペンス系が好きでよく見てましたが、この頃は心温まるストーリーが断然良いです。



年齢とともに体質が変わる。

それと同じように刺激に対しての耐性も変わるのでしょうか。

10年以上前にいつもと同じように超大作アクションを見ていた時、急に気持ち悪くなりトイレに駆け込んだことがあります。

バイオレンスシーンで吐き気が込み上げてきたのです。

それ以来、見終わってホッとするような映画を厳選して見るようになりました。


つい先日はこちら「しあわせへのまわり道」を見て感動。

(これは会費内で見られずレンタルでしたが100円でした。)


しあわせへのまわり道 [DVD]
パトリシア・クラークソン
ワーナー・ブラザース・ホームエンターテイメント
2016-08-10


こちら「死ぬまでにしたい10のこと」の監督最新作です。

これも泣けた

死ぬまでにしたい10のこと [DVD]
ペドロ・アルモドバル
松竹
2004-04-24



「しあわせへのまわり道」は子育てを終え、夫婦だけでこれからという時に旦那に一方的に別れを告げられる。

ここから主人公の物語が始まります。

これまでの延長に未来があると思い込んでいたのが、足元から崩れ落ちていく。

恐怖と不安に押しつぶされそうになりながら、免許がなく運転は旦那に任せっぱなしだったから、遠出したくてももうできない。

遠出のためにしょうがないからと、運転を習い始めて・・・・というストーリーです。

あとは見てのお楽しみ。



誰かとの出会いで傷ついても、また他の誰かとの出会いで癒される。

人生はそんな連続ですね。

いくつになっても人生なんとかなるもんだ、と元気をもらえた映画でした。





今日も最後までお読みいただき、ありがとうございます

いつもあなたに笑顔と幸せがたくさん訪れますように

クリックで応援いただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

↑このページのトップヘ